先生 うさたん
先生 うさたん

【10万円だけ借りたい】最短10秒!身分証だけで借りる方法

10万円借りる

/公開日:2020年1月27日

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

10万円程度のお金は急に必要な場面が出てきます。
「予定外のことで急にお金が必要になった」「出費が重なった」「クレジットカードの支払いに遅れそう」など、こんな時に急ぎでお金を貸してくれる会社は存在します。

しかし「自分でも審査に通過できる?」「10万円借りた時に返済はどうなる?」と不安に感じている人は多いのではないでしょうか?

10万円の審査はそれほど難しくありませんし、カードローンなら返済は柔軟に対応できます。

10万円を借りる方法と審査内容と返済について解説していきます。

10万だけ借りるためのカードローン

  1. アコム

    アコム公式サイト
    おすすめな理由
    • 安定収入で学生・パートもOK!
    • 最短審査30分、土日祝日も即日融資OK!
    • Web完結・来店不要が便利!
    • 初めての方は30日間金利0円!

    ※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。
    SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
    ※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

    限度額 金利 審査時間
    800万円 3.0%~18.0% 最短30分
    即日融資リミット
  2. アイフル

    アイフル公式サイト
    おすすめな理由
    • 完全Web完結・郵送なしで誰にもバレない
    • 最短30分審査、即日融資が可能
    • カード不要!スマホ借入れが便利
    • 初めての方は30日間利息0円!

    ※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。
    SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
    ※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

    限度額 金利 審査時間
    最高800万 3.0%~18.0% 最短30分
    即日融資リミット
  3. プロミス

    プロミス公式サイト
    おすすめな理由
    • 完全Web完結、郵送なしで誰にもバレない
    • 審査最短30分、最短1時間の融資
    • カード不要!スマホアプリで借入れOK
    • とにかく使い勝手が良い!

    ※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。
    SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
    ※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

    限度額 金利 審査時間
    500万円 4.5%~17.8% 最短1時間
    即日融資リミット

すぐに10万円だけ借りたいならカードローン

10万円をすぐに借りたいのであればカードローンが最適です。

お金を借りる方法は、カードローンの他にもフリーローンなどがありますが、フリーローンは審査に時間がかかるので、すぐにお金を借りることができないからです。

カードローンであれば、運転免許証などの本人確認資料さえあればフリーローンよりもスムーズにお金を借りることができます。

急ぎで10万円借りるなら消費者金融カードローン、時間があるなら低金利の銀行カードローン

カードローンは消費者金融と銀行が取り扱っています。

どちらで借りたらよいか分からない人も多いと思いますが、急いでいるなら消費者金融のカードローン、時間があるなら消費者金融よりも金利の低い銀行カードローンというように、消費者金融と銀行は「いつまでにお金が必要なのか」という目線で選択するのがおすすめです。

アコム・アイフル・プロミス・SMBCモビット・レイクALSAなどの大手消費者金融であれば、最短30分で審査が完了し、1時間でお金を借りることができます。

また、プロミスであれば、審査後最短10秒での振込(瞬フリ)も可能です。(金融期間により振込実施時間は異なります。)

具体的に、「どの消費者金融でどのようなお金の受取方法で10万円を受け取るのが早いのか」を知りたい場合は、以下も参考にしてみてください。

一方、銀行カードローンはいくら早くても申し込みから融資までには2営業日必要です。
銀行カードローンは消費者金融よりは金利が低いですが、急ぎの時には銀行カードローンはおすすめできません。

カードローンで10万円借りた場合の金利と返済額

以下は10万円借りた場合の主な消費者金融と銀行のカードローンのスペック表です。

金融期間 金利 無利息期間
※初回利用の場合
即日融資 最低返済額 返済総額
アコム
公式サイト
18.0% 30日 可能 3,000円 14万円
アイフル
公式サイト
18.0% 30日 可能 4,000円 12.6万円
プロミス
公式サイト
17.8% 30日 可能 4,000円 12.5万円
SMBCモビット
公式サイト
18.0% なし 可能 4,000円 12.6万円
レイクALSA 18.0% 30日(スマホ申込は60日)
180
日(5万円まで)
可能 4,000円 12.6万円
みずほ銀行 14.0% なし 不可 2.000円 15万円
三菱UFJ銀行 14.6% なし 不可 2,000円 15.5万円
三井住友銀銀行
公式サイト
14.5% なし 不可 2,000円 15.4万円
楽天銀行 14.5% なし 不可 2,000円 15.4万円

このように、銀行は金利が低いですが最低返済額が少ないので最低返済額だけ返済していった場合には、完済までの期間が長くなり、総返済額は大きくなってしまいます。

また、即日融資には対応していません。急ぎの場合には消費者金融を利用するようにしましょう。

無利息期間のある消費者金融カードローンならすぐに返済すれば利息はゼロ

上の表の通り、消費者金融には無利息期間が存在します。

この期間内に返済すれば1円も利息を支払うことなく、カードローンを借りることができます。

「30日間の無利息期間」がついているカードローンから10万円借りた場合には、借入日の翌日から30日以内に返済すれば利息は1円もかかりません。

「10万円を借りたい」という人の多くが、「次の給料まで借りたい」「ボーナスが入ってくるまでお金に余裕がない」というケースなのではないでしょうか?

このような短期間だけの利用であれば、無利息期間のあるカードローンを利用した方が、金利の低い銀行カードローンを利用するよりもメリットがあります。

10万円を消費者金融カードローンで借りた場合の流れ

10万円を消費者金融から借りる手続きは以下の通りで非常に簡単です。

1.インターネットから申込フォームに入力を行い送信

2.仮審査通過

3.必要書類(10万円の場合は原則本人確認書類のみ)をWEBからアップロード
※本人確認書類の例:運転免許証、パスポート、個人番号カード、そのほか顔写真つきの公的証明書など(※スマホなどで撮影)

4.本審査通過

5.WEB上で契約同意
銀行口座などへの振込、スマホアプリでセブン銀行ATM引き出し、無人契約機でカード発行しATM引き出し
※セブン銀行ATMは全国のコンビニやショッピングモールなどで利用可能(セブン銀行ATM検索
※スマホアプリに対応しているのは、アイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクALSAです。

このように、消費者金融から10万円を借りる手続きは、全てWEB上で完結することができます。

必要書類も10万円の借入では原則本人確認書類だけ(他社からの借入額との合計で100万円を超える場合は収入証明書も必要)ですので、特別な書類を用意する必要もありません。

「お金を借りたい」と考えた時に、すぐに借りることができるようになっています。

審査内容については、下記の記事でも詳しく説明しています。

本日中に10万円借りたいなら遅くとも19時までには申し込みを

即日で10万円の融資を受けるためには、消費者金融が審査をしている時間内である必要があります。

ほとんどの消費者金融が21時までしか審査をしていないので、いくら遅くとも19時くらいまでには申し込みをしなければなりません。20時を過ぎると即日融資の可能性が低くなります。

なお、申し込みが殺到しているタイミングなどでは審査に時間がかかってしまうこともあるので、余裕を持って夕方くらいまでには申し込みを完了させておいた方が無難でしょう。

時間に余裕がない場合は、申込み直後にカードローン会社のコールセンターやオペレーターに電話すると、優先的に審査をしてくれることが多いので、相談してみてください。

即日融資を希望している場合は、より詳細な流れや注意点を下記ページで説明しています。

10万円を銀行カードローンで借りた場合の流れ

10万円を銀行から借りる場合の流れも基本的には消費者金融と同じですが、契約手続きやカードの受け取り方法が異なります。

1.インターネットから申込フォームに入力を行い送信

2.仮審査通過

3.必要書類(10万円の場合は本人確認書類のみ)をWEBからアップロード
※本人確認書類の例:運転免許証、パスポート、個人番号カード、そのほか顔写真つきの公的証明書など(※スマホなどで撮影)
4.本審査通過

5.WEB上で契約同意をするか無人契約機で契約手続き(銀行によっては郵送の場合あり)

6.銀行の口座を持っていた場合は振込可能、無人契約機がある銀行は無人契約機でカードを受け取る、無人契約機がない銀行は郵送

WEB上で契約同意をすることができる銀行は、審査通過後WEB上で契約手続きをすることができます。
当該銀行の口座を持っている人は、そのまま銀行の普通預金口座に振込融資を受けることができます。

しかし、口座を持っていない場合で、銀行に無人契約機がない場合には郵送でカードの到着を待たなければ借入をすることはできません。
この場合には融資までに1週間以上かかることもあります。

なお、銀行は審査の際に警察庁の反社会的勢力データベースを照会することを義務付けられています。
この照会には最短でも1営業日かかってしまうので、無人契約機がある銀行やWEB上で契約同意ができる銀行でも即日融資は絶対に不可能です。

10万円を借りるための審査は厳しくない

10万円を借りるための審査は、基本的にそれほど厳しくはありません。
10万円の審査は基本的に申込条件に合致しており、個人信用情報に問題がなく、総量規制(借入額が年収の3分の1まで)の範囲内であれば審査に通過できる可能性は高いと言えます。

申込条件は基本的に以下ようになっています。

10万円借りるための条件

  • 20歳以上64歳以下
  • 安定して勤務していること
  • 日本国籍か永住権の取得

これらの条件を満たすことができており、個人信用情報がブラックでなければ審査に通過できる可能性があります。

ちなみにブラックとは個人信用情報に以下のような情報が記載されている人です。

・自己破産
・個人再生
・債務整理
・強制解約
・代位弁済
・長期延滞

これら、過去にお金のトラブルがあった人は審査に通過することは難しくなりますが、ブラックでなく、申込条件を満たしており、10万円借りることによって総量規制の枠(年収の3分の1超の借入)をオーバーしないのであれば審査に通過することができる可能性は十分にあると言えます。

仕事をしており、ブラックでなく、まだ総量規制の借入枠が残っているのであれば審査に通過することは比較的簡単ということができます。

10万円借りるために必要な書類は原則最大2つだけ

10万円借りるにあたっては必要な書類は原則、いくら多くても2つだけです。

必要な書類

  • 本人確認書類
    ※運転免許証、パスポート、個人番号カード、そのほか顔写真つきの公的証明書など
    ※本人確認書類の現住所が異なる場合は、別途現住所が記載さている書類が必要
  • 収入証明書(50万円超の借入または他社借入との合計で100万円を超えるとき)
    ※源泉徴収票、給料明細3ヶ月分など

10万円を借りるにあたって、他社借入額との合計が100万円以下の場合には収入証明書は必要ありません。

必要な書類は運転免許証などの本人確認書類だけです。手元にある書類ですぐにお金を借りることができます。

他社で借入があっても10万円借りれる?

他社借入があっても10万円を借りることができる可能性は十分にあります。
10万円の審査は厳しくないので以下の条件を満たしている人であれば他社借入があっても審査に通過できる可能性があります。

  • 他社借入額の合計で総量規制の枠を使い切っていない
  • 借入件数が4本以下
  • 他社借入を延滞していない

他社借入があっても総量規制の範囲内で、借入件数が4本超の多重債務者でない限りは審査に通過することができる可能性があります。

なお、他社借入を延滞している状態で申し込みをしても審査通過は不可能ですし、過去の返済で延滞が多い場合にも審査に落ちてしまうことがあります。

カードローンの借入は勤務先や家族にバレる?

カードローンの借入は基本的には勤務先や家族にバレることはありません。

職場への電話連絡と回避方法

原則、申込み後に在籍確認の審査で勤務先に電話連絡がいきますが、「○○(個人名)と申しますが、XXさんいらっしゃいますか?」程度の会話で、カードローン会社の名前を名乗ることもローンの内容を話すこともありません。

本人不在の場合も、「XXさんは当社には在籍しておりません」などと言われない限り、基本的には在籍確認が完了します。

それでも不安な場合は、申込み直後に各社へ電話することで、職場への電話を回避する方法もあるので、下記の記事を参考にしてみてください。

郵送物なしにできる

銀行の場合は、口座開設やローンカード受取の関係で郵送物が届くことがありますが、消費者金融の場合はカードレスを選択または、自動契約機でローンカード受取にすると郵送物をなしにすることが可能です。(SMBCモビットの場合はWEB完結申込みの場合、郵送物なし。)

ただ、返済が遅れた場合は郵送物が届くことがあるのでその点だけ注意してください。

また、届いたとしても郵送物はカードローンだと分からないような形で届きます。例えばアコムの場合は「AC」とだけ書かれ、社名は明記されません。

10万円借りた場合の返済シミュレーション

10万円を借りた場合の毎月返済額はどのくらいになるのでしょうか?

カードローンは返済プランを自由に選択することができますが、金利18%で1年〜5年の毎月返済額は以下の通りです。

返済期間 毎月返済額 利息総額
1年 9,167円 10,011円
2年 4,992円 19,808円
3年 3,615円 30,130円
4年 2,939円 40,793円
5年 2,539円 52,326円

このように、5年返済程度でゆっくりと返済すれば、毎月返済額は2,500円程度と非常に安価です。

また、カードローンは自分のお財布に余裕がある時には多めに返済することができるので、毎月返済は最小限にしておくことで、返済計画にかなり余裕を持たせることができます。

10万円だけ借りるときに最適なカードローン

おすすめの消費者金融と銀行のカードローン一覧です。
急ぎの場合は消費者金融、時間があり低金利が良いという場合は銀行カードローンがおすすめです。

【申込みから最短60分!】消費者金融のカードローン





【時間はかかるけど低金利!】銀行のカードローン




この記事のまとめ

10万円を借りるのであればお手軽に借りることができるカードローンにメリットがあります。

時間に余裕があるのであれば、金利の低い銀行カードローンにメリットがありますが、急いでお金が必要なのであれば大手消費者金融がよいでしょう。

大手消費者金融は金利が高いですが、無利息期間のあるカードローンを利用することによって、短期間の借入であれば利息負担をゼロにすることが可能です。

10万円程度であれば審査もそれほど厳しくなく、返済負担も高額ではありません。

急に10万円が必要になったのであれば、カードローンの利用を検討してみるのもよいでしょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

目的別にカードローンを比較