先生 うさたん
先生 うさたん

【クラウドローン】自分にぴったりな低金利銀行ローンが見つかる!

丸わかりカードローン
  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

生活費や自動車購入資金。お金を借りなければならないという場面は少なくありません。
しかしほとんどの人が「どこで借りていいか分からない」「どんなローンを選んでいいか分からない」と感じているのではないでしょうか?

また、ローンに申し込みをすると申込情報が個人信用情報に記録され、あまりにも申込情報が多いと申込ブラックになることもあります。
クラウドローンという新サービスならこのような問題を全て解決することができます。

クラウドローンであれば、無料で複数の金融機関へ信用情報を汚すことなく、ローンの申し込みができます。
クラウドローンの概要やメリット、そして注意点について詳しく解説していきます。

個人信用情報を汚すことなく、同時に複数の金融機関の審査を受けることで、審査通過の可能性は大きく広がります。

複数社から融資提案がある
クラウドローンのカードローン

おすすめポイント
  • Web完結で複数社からの提案がある!
  • 個人信用情報に傷がつかない。
  • 審査通過率が非常に高い!

※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。
SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

金融分類 地方銀行
限度額 各銀行による
金利(実質年率) 各銀行による
審査時間 各銀行による
※申込曜日・時間により翌日以降の取扱いとなります
融資スピード 各銀行による
申込み条件

各銀行による

申込み方法 クラウドローンにメール登録
借り入れ方法

各銀行による

返済方法

各銀行による

即日融資リミット

クラウドローンは金融機関から融資提案を受けられる新サービス

クラウドローンは、登録するだけで 複数の金融機関から融資提案を受けることができる新しいサービスです。
まずは、クラウドローンの概要について詳しく解説していきます。

自分の情報をクラウドローンに登録

クラウドローンでは、まず自分の情報を登録します。
登録内容について、詳しくは後述しますが、基本的には個人情報以外の簡単な情報を登録するだけです。

あなたの情報を見た金融機関が融資を提案

クラウドローンに登録した情報はクラウドローンに登録した金融機関の担当者がチェックして簡単な審査を行います。
そこで、金融機関担当者が「融資ができそうだ」と判断した場合に、金融機関からクラウドローン上の申込者のアカウントへ融資提案がきます。

金融機関と融資契約

金融機関からの提案内容に納得できれば、金融機関へ融資の申し込みを行います。
その後、金融機関への審査を経て審査に通過すれば融資を受けることができます。

クラウドローンへの申し込みから融資までの流れ

  • ①クラウドローンに登録
  • ②クラウドローンの情報を金融機関がチェック、簡易な審査を行う
  • ③金融機関からの融資提案
  • ④金融機関へ申し込み
  • ⑤ローン借入

クラウドローンと直接金融機関に申込する場合の大きな違いって何ですか?

大きくは2つあります。
① クラウドローン登録時には氏名などの個人を特定する情報を入力する必要がないこと
② クラウドローンに登録している複数の金融機関が同時に審査をすること
今までは1つ1つ金融機関に申し込まないといけなかったのでこの違いは大きいと思いますよ!

クラウドローン3つの特徴

クラウドローンには銀行などの金融機関へ直接申し込みをする従来の申し込み方法と比較して3つの特徴があります。

  • 申し込みしても個人信用情報に記録は残らない
  • 利用料は無料
  • 登録済み銀行6社から提案を受けられる

簡単に言えば、クラウドローンは「無料で複数の金融機関から個人信用情報を汚さずに融資提案を受けることができるサービス」です。
それぞれの特徴についてもう少し詳しく解説していきます。

申し込みしても個人信用情報に記録は残らない

クラウドローンに登録するためには、氏名や生年月日や住所などの個人を特定できる情報を入力する必要はありません。

そのため、個人信用情報を確認することなく金融機関が審査を行います。
個人信用情報は照会を行なった時点で「ローンに申し込んだ」という情報が記録されてしまい、この申込情報があまりにも多いと申込ブラックになり他のローンやクレジットカードの審査で不利になります。

しかし、クラウドローンは個人信用情報にチェックすることなく審査をしてくれるので、申し込みをしても個人信用情報に記録が残らず、複数社の審査を受けても信用情報には何も悪影響を及ぼしません。

利用料は無料

クラウドローンには利用料はかかりません。
お金を借りた後の成功報酬などもかからないので、完全無料で複数の金融機関からの提案を受けることができます。

また、提案がない場合も個人信用情報は毀損していないので、直接金融機関へ申し込むことも可能です。
クラウドローンを利用することは、費用面でも信用情報の面でも利用者にデメリットはありません。

登録済み銀行6社から提案を受けられる

現在、クラウドローンに登録している銀行は地銀6行

  • 伊予銀行
  • 常陽銀行
  • スルガ銀行
  • 仙台銀行
  • 中国銀行
  • 三重銀行

現段階で6行からの提案を受けることができ、今後はこの銀行は増えていく見込みです。

また、これらの銀行から提案されたローンは基本的にWEB完結型で契約できるため、近くに支店がない銀行から提案を受けても「インターネット支店」などのWEB完結の顧客を請け負う支店からお金を借りることが可能となっていますので「自分が住んでいる地域から遠く離れた地方銀行から提案を受けた」という場合も、安心して申し込みをすることができます。

同時に複数の金融機関の審査を受けることができるのはクラウドローンの大きな特徴です。

提案を受ければ審査通過率上昇が期待できる

クラウドローンでは、登録のあった顧客を実際に金融機関の審査担当者が審査した上で提案しています。
そのため、提案があった人の審査通過率は50%〜70%と言われています。

急いでお金が必要な時には、申し込みをして時間をかけて審査を待っていても結果的に審査に通過することができなければ大きな時間のロスになってしまいます。
提案が来てから金融機関へ申し込むことで、「審査落ちのために待つ時間」のリスクを大幅に軽減することができます。

なお、消費者金融、銀行、クラウドローンで金融機関の提案があった人の審査通過率を比較すると以下のようになります。

金融機関 審査通過率
アコム(2019年12月) 42.1%
プロミス(2019年11月) 46.6%
アイフル(2019年11月) 46.3%
銀行カードローン(非公表) 約20%〜25%
クラウドローンで提案があった人 50%〜70%程度

銀行カードローンの成約率は非公表ですが、およそ消費者金融の半分程度と言われています。
クラウドローンで提案があると通常の申し込みよりも通過率が倍以上上昇するため、提案があった人のうち50%〜70%以上の人が審査に通過できると見込まれます。

クラウドローンで提案があった人は、高い確率で審査に通過することができるので、あらかじめ登録しておくことで、本当にお金が必要になった時にスムーズに融資を受けることができるでしょう。

クラウドローンの使い方

それでは実際にを解説していきます。

クラウドローンの使い方

①ユーザー登録
③ 金融機関の審査
③ 金融機関からの提案
④ 金融機関へ申し込み
⑤ 借入

ユーザー登録内容や銀行の審査内容などについて詳しく見ていきましょう。

ユーザー情報登録

クラウドローンユーザー登録の際に登録する情報は以下のようなものです。

  • 年代
  • 配偶者有無
  • 住まいの都道府県
  • 同居されている家族⼈数
  • 年収(価格帯)
  • 雇⽤形態
  • 勤続年数
  • 利⽤⽬的 (⽣活資⾦、教育、マイカーなど)
  • 借⼊希望額
  • 借⼊希望⽇
  • 他社借⼊件数
  • 住宅ローンまたは家賃⽉額

登録する情報はこれだけで、住所や氏名や生年月日など個人を特定する情報を登録する必要はありませんので、気軽に登録することができます。

銀行がユーザー情報を確認

クラウドローンに登録した情報から、銀行の審査担当者がスコアリング審査という審査を行います。
なお、スコアリング審査とは、登録した情報を銀行が数値化して、総合点が合格点に達している人は審査通過とする審査です。

銀行から提案がスマホに届く

スコアリング審査に通過した人に対しては、銀行からクラウドローン経由で融資の提案が行われます。

銀行へ申し込み借入

銀行から提案のあった内容に同意できた場合には、銀行へローンの申し込みを行います。
ここからは、銀行と利用者が直接やりとりを行うことになります。

なお、ここでは氏名・住所・生年月日などを申し出て、個人信用情報をチェックされます。
この時点で初めて個人信用情報に申込情報が記録されることになります。

銀行の審査に通過すると、基本的にはWEB上で契約手続きを行い、ローンカードの発行や融資金の振込が行われることになります。

クラウドローン2つの注意点

クラウドローンには注意点が2つ

  • 提案を受けても個人信用情報に問題があれば審査には通らない
  • 借入までに時間がかかる

クラウドローンで提案があったからと言って必ずしも審査に通過できるわけではなく、銀行などに直接申し込みをするよりは時間がかかってしまうという点だけには注意しましょう。

個人信用情報に問題があれば審査には通らない

個人信用情報では、クラウドローンで提案があった金融機関に申し込みをした時点でチェックされます。
この際に個人信用情報に問題があった場合には審査に通過できません。

クラウドローンの登録情報から審査されるのは、あくまでも年収や勤続年数などの情報ですので、上場企業に勤務している高収入の人であれば、おそらく金融機関から提案を受けることはできます。

しかし、上場企業に勤務している人でも信用情報がブラックの人は無数に存在します。
このような人は、クラウドローンで提案を受けても個人信用情報の審査で落ちてしまうこともあります。
クラウドローンで提案を受けても必ずしも借りることができるわけではないという点には注意しましょう。

借入までに時間がかかってしまう

クラウドローン申し込みをすることによって借入までに時間がかかってしまうことがある点にも注意が必要です。

クラウドローンで申し込みをすると「金融機関担当者がクラウドローン上の情報を見て、審査をして、提案する」という一手間がかかってしまうので、どうしても金融機関へ直接申し込みをするよりも時間はかかります。

「信用情報が毀損せず、複数の金融機関の審査を受けられる」ものの、すぐにお金が必要という場合は直接銀行へ申し込むか消費者金融を利用した方がよいかもしれません。

この記事のまとめ

クラウドローンは「どこから借りていいかわからない」という人には画期的な新サービスです。
無料で個人信用情報を毀損することなく、複数の金融機関の審査を受けることができます。
さらに、提案を受けた場合には審査通過率が非常に高くなります。

ただし、金融機関へ直接申し込みをするよりは時間がかかってしまうので、お金が必要になる1ヶ月程度前から計画的にユーザー情報を登録しておくのがよいでしょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

複数社から融資提案がある
クラウドローンのカードローン

おすすめポイント
  • Web完結で複数社からの提案がある!
  • 個人信用情報に傷がつかない。
  • 審査通過率が非常に高い!

※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。
SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

金融分類 地方銀行
限度額 各銀行による
金利(実質年率) 各銀行による
審査時間 各銀行による
※申込曜日・時間により翌日以降の取扱いとなります
融資スピード 各銀行による
申込み条件

各銀行による

申込み方法 クラウドローンにメール登録
借り入れ方法

各銀行による

返済方法

各銀行による

即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

目的別にカードローンを比較