先生 うさたん
  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

ジャパンネット銀行ではWebで借入できるネットキャッシングを提供しています。
当行カードローンは新規受付中止となったため、借入したい方はネットキャッシングへの申込みが必要です。

本記事ではジャパンネット銀行ネットキャッシングの特徴について、分かりやすく解説していきます。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングにはどんなサービス・機能が付いているのか知りたい、申込みから借入までの流れを知りたいという方も本記事に注目です。

アプリ・自動融資機能が便利!
ジャパンネット銀行のカードローン

ジャパンネットカードローン公式サイト
おすすめポイント
  • 郵送物がないからバレにくい!
  • 残高不足時の自動融資機能が便利
  • 返済日前のメール連絡が嬉しい!
  • 初回30日間は何度でも利息0円!

銀行の口座開設は必須だが、郵送物なし、ローンカードが不要、返済も預金口座から好きな設定日に自動引き落としなので周囲にバレにくいのが特徴。引き落とし時の残高不足で自動融資をしてくれる機能やスマホアプリも便利。初回30日何度でも利息0円。

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

金融分類 ネット銀行
限度額 1,000万円
金利 1.59%~18.0%
審査時間 仮審査は最短60分、本審査は最短翌日
融資スピード -
申込み条件

・申込時の年齢20歳以上70歳未満の方
・安定した収入のある方
・当行口座を持っている個人の方
・一定の審査基準を満たしている方
・保証会社による保証を受けられる方

申込み方法 公式ホームページから申込み・アプリから申し込み
借り入れ方法

・インターネット
・自動融資
・振込時自動借入

返済方法

・口座振替
・インターネット

即日融資リミット

向いている人

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、インターネット環境がある人に向いているキャッシング商品です。
インターネットに接続できるパソコン、またはスマートフォンがあれば24時間365日いつでも借入・返済できます。

向かない人

ジャパンネット銀行ネットキャッシングを利用するには、当行口座が必須となります。
当行口座なしで口座開設が面倒な人には向かないキャッシング商品です。
また、即日審査・即日融資が受けられないため急ぎで借入したい人にも不向きとなるでしょう。

ネットキャッシングの便利なサービス・機能

ジャパンネット銀行ネットキャッシングには、次のサービス・機能が付いています。

  • 自動融資・振込時自動借入サービス
  • 30日間の無利息サービス
  • ネットキャッシングアプリ
  • 約定返済日のスキップ機能

それぞれのサービス・機能について詳しく解説していきましょう。

自動融資・振込時自動借入サービス

口座が残高不足だったときに便利なのが、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの自動融資サービスです。

自動融資サービスでは、次のシーンの口座残高不足時に自動的に借入れ

  • 公共料金などの口座振替時
  • デビットカードの即時引き落とし時
  • 提携ATMからの出金時

自動融資サービスを利用するには事前設定が必要となるため、ジャパンネット銀行ログイン後に設定してくださいね。

また、口座が残高不足で振込みできないというときに便利なのが、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの振込時自動借入サービスです。

振込時自動借入は口座残高不足分を自動的に借入し、振込みするサービスとなります。
振込時自動借入サービスを利用したいときは、ジャパンネット銀行ログイン後の振込画面で「振込時自動借入」のところにチェックを入れてください。

30日間の無利息サービス

ジャパンネット銀行ネットキャッシングでは、30日間の無利息サービスを利用できます。

大手消費者金融カードローンにも、30日間の無利息サービスがありますよね。
しかし、契約日の翌日から無利息期間が始まる場合、契約後すぐに借入しないと無利息期間が減ってしまいます。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの無利息サービスでは初回借入日より無利息期間が始まるため、契約後いつ借入しても30日間すべて無利息になりますよ。

ネットキャッシングアプリの様々な機能

ジャパンネット銀行では、iPhone版・Android版のネットキャッシングアプリを提供しています。

ネットキャッシングアプリの主な特徴

  • パターンでのログイン
  • 生体認証でのログイン
  • ネットキャッシング審査への申込み
  • 必要書類のアップロード
  • 審査状況の確認
  • ネットキャッシングの借入手続き
  • 借入可能額や借入残高の確認
  • 次回の返済日と返済額の確認
  • 返済日のプッシュ通知機能
  • 限度額の増額審査への申込み

パターンでのログインは登録したパターンを指でなぞるだけでログインできる機能です。
生体認証は本人の指紋や顔でログインできる機能となります。

パターンや生体認証でのログインなら3ケタの店番号、7ケタの口座番号、ログインパスワードを毎回入力する手間はかかりません。
ジャパンネット銀行ネットキャッシングがもっと便利になるため、スマートフォンを持っている方はアプリをインストールすると良いですよ。

約定返済日のスキップ機能

想定外の出費が重なり、カードローンへの返済が厳しくなったことはありませんか?

そんなときでも、ジャパンネット銀行ネットキャッシングには約定返済日のスキップ機能が付いています。
約定返済日を1か月先延ばしにできるのがスキップ機能です。

当然ではありますが約定返済日がスキップされても、利息はスキップされません。
スキップ機能が本当に必要かどうか、よく考えてから利用してくださいね。

ネットキャッシングの借入方法

専用ローンカードを発行しないジャパンネット銀行ネットキャッシングの借入方法は次の2種類です。

・ホームページ

・ネットキャッシングアプリ

それぞれの借入方法について、詳しくは次をご覧ください。

ホームページからの借入手続き

ジャパンネット銀行ネットキャッシングでは、ホームページより24時間いつでも借入手続きできます。

まずはジャパンネット銀行へログインし、希望の借入額を入力してください。
後は確認画面で「確定」のボタンを押すだけで借入手続きは完了です。

ネットキャッシングアプリからの借入手続き

外出中にお金が足りなくなったときに便利なのが、ネットキャッシングアプリからの借入手続きです。

手元にあるスマートフォンでログインし、「借りる」をタップしてください。
後は希望の借入額を入力するだけと簡単です。

提携ATMより出金

ホームページ、ネットキャッシングアプリ、ともに借入手続き後は口座に入金されます。
口座から出金したいときは、キャッシュカードを提携ATMに挿入してください。

ジャパンネット銀行の提携ATM

  • セブン銀行ATM(全国のセブンイレブンなど)
  • ローソン銀行ATM(全国のローソンなど)
  • イーネットATM(全国のファミリーマートやデイリーヤマザキなど)
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM

なお、提携ATMには入出金手数料があります。
毎月初回と2回目以降の提携ATM入出金手数料は次の表をご覧ください。

毎月初回 入金時・出金時無料
2回目以降 3万円以上の取引は何回でも無料/3万円未満の取引は165円(ゆうちょ銀行ATMは330円)

提携ATM入出金手数料が発生する取引は、なるべく行いたくないですよね。
事情で2回目以降、3万円未満の取引が必要な場合は入出金手数料の安い提携ATMを利用すると良いでしょう。
また、円普通預金・円定期預金の残高3,000万円以上の方は、提携ATM手数料の優遇が受けられますよ。

ネットキャッシングの返済方法

ジャパンネット銀行ネットキャッシングから借入した後は、次の方法で返済します。

口座振替で返済

ジャパンネット銀行ネットキャッシングでは口座振替で毎月返済していきます。

当行口座から自動引き落としされるのが、口座振替による返済です。
ATMまで出かけて専用ローンカードを挿入し、返済手続きするといった手間はかかりません。

口座振替では毎月1日~28日、月末から都合の良い約定返済日を指定できます。
お給料日が28日の方は月末を約定返済日に指定すると良いでしょう。

毎月の約定返済額

ジャパンネット銀行ネットキャッシングでは、次の返済方式を用意しています。

  • 1. 残高スライド元利定額返済方式(A)
  • 2. 残高スライド元利定額返済方式(B)

残高スライド元利定額返済方式では、借入残高によって約定返済額(元金+利息)が変動していきます。(A)(B)の毎月の約定返済額は次をご覧ください。

残高スライド元利定額返済方式(A)の場合

残高スライド元利定額返済方式(A)では、次の毎月の約定返済額となります。

借入残高 毎月の約定返済額
~10万円 3,000円
10万円~30万円 6,000円
30万円~50万円 10,000円
50万円~80万円 15,000円
80万円~100万円 20,000円
100万円~150万円 25,000円
150万円~200万円 30,000円
200万円~250万円 35,000円
250万円~300万円 40,000円
300万円~400万円 45,000円
400万円~500万円 50,000円
500万円~600万円 55,000円
600万円~700万円 60,000円
700万円~800万円 70,000円
800万円~900万円 75,000円
900万円~1,000万円 80,000円

借入残高10万円未満の場合、毎月の返済は利息込みで3,000円です。
毎月少しずつ返済したい方は、残高スライド元利定額返済方式(A)を選ぶと良いでしょう。

残高スライド元利定額返済方式(B)の場合

残高スライド元利定額返済方式(B)の約定返済額は次のとおりです。

借入残高 毎月の約定返済額
~50万円 10,000円
50万円~100万円 20,000円
100万円~200万円 30,000円
200万円~300万円 50,000円
300万円~400万円 60,000円
400万円~500万円 70,000円
500万円~600万円 80,000円
600万円~700万円 90,000円
700万円~800万円 100,000円
800万円~900万円 110,000円
900万円~1,000万円 120,000円

借入残高50万円未満の場合、毎月10,000円の返済となります。
早めに完済したい方は、残高スライド元利定額返済方式(B)を選びましょう。

繰り上げ返済も可能

ジャパンネット銀行ネットキャッシングでは毎月の約定返済額のほか、繰り上げ返済(一部・全額)も可能です。

繰り上げ返済したいときはホームページ、またはネットキャッシングアプリでログインして手続きしてください。

ちなみに繰り上げ返済は1円単位、手数料無料で行えます。

ボーナスがもらえたときは、利息も含めて全額返済すると良いでしょう。

ネットキャッシングへの申込みから借入までの流れ

次からはジャパンネット銀行ネットキャッシングへの申込みから借入までの流れを解説していきます。
なるべくスムーズに借入したいという方は、参考にしてくださいね。

まずは申込み条件を確認

ジャパンネット銀行ネットキャッシングへ申込みする前に、次の条件を確認してください。

  • 年齢20歳以上70歳未満の方
  • 安定した収入のある方
  • 当行口座を持っている個人の方
  • 一定の審査基準を満たしている方
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)による保証が受けられる方

他社カードローンより年齢の上限が高めの設定です。年金をもらっている方でも、年齢70歳未満なら申込みできますよ。

保証会社のSMBCコンシューマーファイナンスはどんな会社ですか?

申込み者を保証できるかどうか調べるため、保証審査を行うのが保証会社です。

SMBCコンシューマーファイナンスは、大手消費者金融プロミスの運営会社となります。

そのため、保証審査はプロミスのノウハウが活かされていると考えて良いでしょう。

当行口座なしの場合

当行口座を持っていない方の申込みから借入までの流れは次のとおりです。

ステップ1:ホームページより申込み

ジャパンネット銀行ホームページへアクセスし、口座開設+ネットキャッシングの申込みページへ進んでください。
申込みページの必要事項に記入し、よく内容を確認してから送信します。

ステップ2:必要書類の提出

申込みが完了したら、必要書類を提出します。当行口座開設時に必要なのが、次の本人確認書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 年金手帳+補助資料
  • 福祉手帳(身体障害者手帳など)+補助資料/li>

補助資料の提出を求められたときは、次のものから一点準備してください。

  • 国税や地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険の領収証
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、電話など)

ほかにも次の収入証明書の提出が求められることがあります。

会社員の方

  • 源泉徴収票
  • 住民税課税決定通知書
  • 住民税課税証明書
  • 給与明細

個人事業者の方

  • 確定申告書
  • 納税証明書(その1、その2)
  • 住民税納税通知書
  • 住民税課税証明書

必要書類は郵送でも提出できますが、アップロードのほうがスムーズに申込みできますよ。

ステップ3:仮審査と本審査

ジャパンネット銀行ネットキャッシング申込み後は、仮審査と本審査が実施されます。
仮審査で実施していると考えられる主な項目は次のとおり。

  • 属性スコアリング
  • 個人信用情報の確認

申込みフォームに入力した情報一つひとつ点数化していくのが、属性スコアリングです。
仮審査に通るには、一定以上の点数が必要となります。
点数化はコンピューターが行うため、仮審査結果は最短60分とスピーディーです。

個人信用情報の確認は、申込み者の返済能力を調べるために実施しています。

クレジットやローンの契約内容や返済状況、借入残高など様々な情報を登録するのが個人信用情報です。
クレジットやローンの優良な返済状況が登録されている方なら、特に問題ありません。

ただし、61日以上や3か月以上といった延滞の情報が登録されている方は仮審査の段階で落ちてしまうでしょう。

本審査は仮審査後に実施されます。本審査で実施していると考えられる主な項目は次をご覧ください。

  • 勤務先への在籍確認
  • 警察庁データベースへの照会

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの申込みフォームには、勤務先電話番号の記入欄があります。
記入した勤務先電話番号にかけて、きちんと在籍しているかどうか調べるのが在籍確認です。

申込み本人が電話に出たときは、申込みの事実と簡単な質問に答えるだけで在籍確認が完了します。
勤務先の人が電話に出たときは、キャッシングの在籍確認だと分からないように行うのが基本です。

警察庁データベースへの照会は、暴力団など反社会的勢力に該当しないかどうか調べるために実施しています。
反社会的勢力とは無関係であれば、警察庁データベースへの照会が実施されても特に問題ないですよ。

ステップ4:初期設定

口座開設が完了しだい、ジャパンネット銀行よりキャッシュカードとトークンが届きます。

キャッシュカードとトークンを受け取りした後は、初期設定を行ってください。初回ログイン時に必要となるのが初期設定です。

トークンって何なのかニャ?

ジャパンネット銀行のトークンは、一度だけ使えるワンタイムパスワードが発行されるサービスです。安全性の高いパスワード管理ができますよ。

ステップ5:借入

初期設定が完了しだい、借入スタートです。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングでは初回借入に限り、他行口座にも入金できる初回特典を用意しています。
キャッシュカードとトークンが届く前に借入したいときは、初回特典を利用すると良いでしょう。

2回目以降の借入は、通常どおり当行口座への入金となります。

当行口座ありの場合

すでに当行口座を持っている方は、ジャパンネット銀行ネットキャッシングへの申込みだけで済みます。
申込みから借入までの流れが次のように簡潔になりますよ。

借入の簡単4ステップ

ステップ1:申込み

ステップ2:必要書類の提出

ステップ3:仮審査と本審査

ステップ4:借入

本審査後、手続き完了メールが届きしだい借入スタートです。

住所やメールアドレスを変更したのですが、借入までに手続きが必要になりますか?

住所やメールアドレスの変更があったときは、登録情報の変更手続きが必要となります。ジャパンネット銀行ネットキャッシング申込み前に変更手続きしてくださいね。

ネットキャッシングの注意点

ジャパンネット銀行ネットキャッシングには次の注意点があります。
注意点について、よく理解してから申込みしたほうが良いでしょう。

利用するには当行口座が必要

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは当行口座なしでも申込み可能です。
しかし、口座振替による返済は当行口座なしだと利用できません。

ジャパンネット銀行では口座開設とネットキャッシングとの同時申込みができます。
口座開設が必要になっても、別々に申込みする手間はかかりませんので大きな注意点にはならないでしょう。

最大金利が消費者金融と同水準

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利は、年1.59%~18.0%の設定です。
最大金利18.0%は消費者金融カードローンと同水準となります。他社銀行カードローンでは最大金利14%が多いです。

初回借入は無利息サービスを利用できますが、2回目以降は通常の利息となります。
2回目以降も低金利で借入したい方は注意してください。

即日審査・即日融資はできない

前述したとおり、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査では警察庁データベースへの照会が実施されています。
しかし、照会結果は最短翌営業日となるため即日審査・即日融資は受けられません。

どの銀行カードローンでも警察庁データベースへの照会が実施されるため、即日審査・即日融資を受けたい方は注意してください。
警察庁データベースへの照会が必要ない消費者金融カードローンなら、即日審査・即日融資が受けられることが多いですよ。

専業主婦が申込みすると旦那の勤務先に在籍確認が行われる

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、専業主婦の方でも申込みできます。
専業主婦本人に収入がなくても、旦那の年収で審査してもらえますよ。

しかし、旦那の勤務先に在籍確認されるため、内緒でお金を借りたい専業主婦の方は注意が必要です。

借入当日に返済しても1日分の利息が発生する

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの利息は借入当日から発生します。
そのため、借入当日に返済しても1日分の利息を支払いしないといけません。
1日分の利息は少ないですが、少しでも負担を減らしたい方は注意してくださいね。

当行カードローンから切り替えすると金利が変わる可能性がある

当行カードローンを利用していた方は、ジャパンネット銀行ネットキャッシングへの切り替えが可能です。
しかし、切り替え前と切り替え後の金利が変わる可能性には注意してください。

切り替え後の金利が上がったときは、切り替え前より利息分が増えてしまいます。

この記事のまとめ

ジャパンネット銀行ネットキャッシングでは借入も返済も、24時間365日いつでも行えます。
パソコンやスマートフォンを日頃から使っている方に便利な銀行キャッシング商品です。

現金が手元に必要なときでも、当行キャッシュカードで提携ATMよりすぐに出金できますよ。
毎月初回なら提携ATM入出金手数料が無料になるのも魅力のひとつです。

ただし、銀行カードローンの中でも最大金利が高め、即日審査・即日融資が受けられないなどの点には注意してくださいね。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

アプリ・自動融資機能が便利!
ジャパンネット銀行のカードローン

ジャパンネットカードローン公式サイト
おすすめポイント
  • 郵送物がないからバレにくい!
  • 残高不足時の自動融資機能が便利
  • 返済日前のメール連絡が嬉しい!
  • 初回30日間は何度でも利息0円!

銀行の口座開設は必須だが、郵送物なし、ローンカードが不要、返済も預金口座から好きな設定日に自動引き落としなので周囲にバレにくいのが特徴。引き落とし時の残高不足で自動融資をしてくれる機能やスマホアプリも便利。初回30日何度でも利息0円。

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

金融分類 ネット銀行
限度額 1,000万円
金利 1.59%~18.0%
審査時間 仮審査は最短60分、本審査は最短翌日
融資スピード -
申込み条件

・申込時の年齢20歳以上70歳未満の方
・安定した収入のある方
・当行口座を持っている個人の方
・一定の審査基準を満たしている方
・保証会社による保証を受けられる方

申込み方法 公式ホームページから申込み・アプリから申し込み
借り入れ方法

・インターネット
・自動融資
・振込時自動借入

返済方法

・口座振替
・インターネット

即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

目的別にカードローンを比較