先生 うさたん
  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

国際ブランドでもおなじみ、JCBでは「faith」と名付けたカードローンを提供しています。JCBというとクレジットカードのイメージが強いため、どんなカードローンなのかよく知らない方は多いのではないでしょうか。

本記事ではJCBのカードローン「faith」の特徴について、詳しく解説していきます。銀行カードローンとの違いが気になるという方も、本記事に注目してくださいね。


JCBのカードローン

JCBカードローン公式サイト
おすすめポイント

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

金融分類 消費者金融
限度額 500万円
金利 4.4%~12.5%
審査時間 条件による
融資スピード -
申込み条件

・申込時の年齢20歳以上58歳未満
・勤めており毎月安定した収入を得ている方

申込み方法 ・公式ホームページから申込み
借り入れ方法

・インターネット
・電話
・ATM

返済方法

・口座振替
・インターネット
・電話
・ATM

即日融資リミット

向いている人

JCBカードローン「faith」は、最大金利でも12.50%の設定です。そのため、低金利で借入したい人に向いているローン商品となります。JCBカードへの支払いが良好だとカードローンの審査が有利になる可能性があるため、すでにJCBカードを持っている人にも向いているでしょう。

向かない人

JCBカードローン「faith」は学生、アルバイト・パート、個人事業主の方は申し込み対象外です。また申し込み年齢の上限が58歳となっているため、59歳以上の人は他のカードローンへ申し込みしてください。

JCBカードローン「faith」の特徴

JCBカードにはクレジット機能、キャッシング機能、ポイントプログラム、保険など様々な機能とサービスが付いています。

一方、カードローン機能に特化しているのがJCBカードローンの「faith」です。「faith」には次のような様々な特徴があります。

年4.40~12.50%の低金利

JCBカードローン「faith」のキャッシングリボ払いでは、年4.40~12.50%の金利を設定しています。一方、JCBカードのキャッシング機能は年15.00~18.00%の金利です。

そのため、キャッシングメインに考えている方はJCBカードではなく、「faith」へ申し込みしたほうが良いでしょう。

希望の限度額を選べる

JCBカードローン「faith」では、申し込み時に希望の限度額を選べます。限度額に応じた金利は次のとおりです。

限度額 金利
500万円 4.40%
400万円 6.20%
350万円 6.90%
300万円 8.00%
250万円 8.00%
200万円 10.50%
150万円 10.50%
100万円 12.50%
50万円 12.50%

上記の表のとおり、この限度額ではこの金利と分かりやすくなっています。

まとまった金額のキャッシングを考えている方は高めの限度額、少額のキャッシングを考えている方は低めの限度額を希望すると良いでしょう。

ただし、限度額は審査によって決まる関係上、希望どおりにならない可能性があります。審査結果によっては50万円以下の限度額が決まる可能性も考えてください。

一律金利のキャッシング1回払いを利用できる

5万円以下を借入したいときにお得なのが、JCBカードローン「faith」のキャッシング1回払いです。キャッシング1回払いの限度額は5万円のみですが、金利が一律5.00%と大幅に低くなります。

5万円までならすぐに返済できるというときは、キャッシングリボ払いではなくキャッシング1回払いを選びましょう。

なお、キャッシング1回払いの締日は毎月15日、支払日は翌月10日となります。

会員専用WEBサービスで利用明細を確認できる

JCBカードローン「faith」ではWEB明細サービス「MyJチェック」を提供しています。会員専用WEBサービス「MyJCB」へログインすれば、24時間いつでもWEB明細の確認が可能です。

紙の利用明細書が届くまで待たずに済むのが、WEB明細サービスのメリットのひとつ。申し込み時に指定しない限り、「MyJCB」と「MyJチェック」への同時登録となります。

ローンカード受け取り後なら最短数10秒で振込み

JCBカードローン「faith」では「キャッシング振り込みサービス」を提供しています。ローンカード受け取り後、インターネットまたは電話で手続きすると最短数10秒で振込みするサービスです。

振込みされるタイミングは次の表をご覧ください。

曜日 受付時間 振込時間
平日 0時00分~8時59分 当日9時00分より20分以内
平日 9時00分~14時30分 ネット最短数10秒/電話20分ほど
平日 14時31分~23時59分 翌営業日9時00分より20分以内
土日祝 終日 翌営業日9時00分より20分以内

当日中にお金が必要なときは、平日14時30分までに「キャッシング振り込みサービス」へ申し込みしてください。

ATM手数料無料が月3回まで無料

ATMよりキャッシングする際、次の手数料が発生することがあります。

取引金額 手数料
1万円以下 100円(税抜)
1万円超 200円(税抜)

2万円のキャッシングで200円のATM手数料を支払いした場合、ATM手数料の割合は1.0%です。わずかな割合ですが、キャッシングが必要なときは少しでも節約したいところ。

JCBカードローン「faith」なら月3回まで無料でATMよりキャッシングできます。ATM手数料を節約したいときは、月3回までのキャッシングにしましょう。

利用できる主なATMは次のとおりです。

 みずほ銀行
 三井住友銀行
 三菱UFJ銀行
 ゆうちょ銀行
 セブン銀行
 ローソン銀行
 イーネット
 エポスカード
 クレディセゾン
 ビューカード

金融機関やコンビニはもちろんのこと、カード会社のATMも利用できます。

2種類の返済方式を用意

JCBカードローン「faith」では次の返済方式を用意しています。

 残高スライド元金定額払い(残高によって毎月の返済額がスライド)
 毎月元金定額払い(残高関わらず毎月の返済額が一定)

残高スライド元金定額払いは残高が多いときは多めで返済、残高が少ないときは少なめで返済したいときに便利。
毎月一定で計画的に返済したいときは、毎月元金定額払いのほうが分かりやすいです。

まとめ払いができる

計画よりも早めに完済したいときに便利なのが、まとめ払いです。(繰上返済とも言います)
JCBカードローン「faith」では次の方法で、まとめ払いできます。

 ATM
 インターネット
 電話

利息をなるべく減らしたいときは、こまめにまとめ払いを行いましょう。

申し込みからローンカード受け取りまでの流れ

次からはJCBカードローン「faith」への申し込みからローンカード受け取りまでの流れを紹介いたします。
なるべくスムーズにキャッシングしたい方は、参考にしながら申し込みしてみてください。

ステップ1:インターネットで申し込み

まずはインターネットでJCBカードローン「faith」へ申し込みします。JCBローン専用カード入会申込ページの必要事項に入力し、内容をよく確認したら送信してください。

ステップ2:必要書類の提出

次に必要書類(本人確認書類・収入証明書類)を提出します。

本人確認書類は次のとおり。
 運転免許証
 運転経歴証明書
 パスポート
 マイナンバーカード
 住民票の写し
 健康保険証
 在留カード・特別永住者証明書など(外国籍の場合)

収入証明書類はこちら。
 源泉徴収票
 確定申告書
 課税証明書
 給与明細書
 納税通知書

必要書類の提出方法はWEB、郵送の2種類です。

ステップ3:入会審査の実施

申し込み完了後には入会審査が実施されます。審査結果は最短即日とスピーディーです。審査結果の連絡はメールとなりますので、自宅に電話が入ると困る方でも安心。

ステップ4:ローンカード受け取り

入会審査に通過しだい、自宅にローンカードが届きますので受け取りしてください。ローンカードが届くまでの目安は入会審査完了後、最短3営業日です。

JCBカードローン「faith」の審査基準

同じ会社であっても、クレジットカードとカードローンでは審査基準が異なります。
そのため、JCBカードをすでに持っている方でもJCBカードローン「faith」の審査基準を事前に知っておきたいところです。

申し込み条件からみる審査基準

JCBカードローン「faith」では、次の申し込み条件を設けています。

 年齢20歳以上58歳以下
 勤めており毎月安定した収入を得ている方

入会審査に通過するには、上記の申し込み条件を満たすことが必要です。ただし、次の条件に当てはまる方は対象外となります。

 学生
 パート・アルバイト
 個人事業主

消費者金融では学生可、パート・アルバイト可、個人事業主可のカードローンがよく見られます。
そのため、JCBカードローン「faith」の審査基準は消費者金融より厳しいと考えたほうが良いでしょう。

個人信用情報に注意

JCBカードローン「faith」の入会審査を受けるときに注意したいのが個人信用情報です。個人信用情報には、クレジットカードやローンの履歴が登録されています。

遅延といったネガティブな履歴が登録されていると、入会審査に悪影響が出かねません。遅延の登録は一定期間だけ、その後は削除されます。

過去に遅延したという方はネガティブな履歴が削除されてから、JCBカードローン「faith」へ申し込みすると良いでしょう。

ただし、JCBカードで遅延している場合は自社データに残されている可能性があります。

簡易審査シミュレーションを利用しよう

JCBカードローン「faith」の公式サイトでは、簡易審査シミュレーションを提供しています。年収と他社借入額の入力のみで、簡易的な審査が受けられるサービスです。

簡易審査結果には「融資可能」「融資不可能」の2種類あります。

「融資可能」の場合は最大融資可能額もあわせて表示されるシステムです。
「融資不可能」と表示されたときは、他社借入額が多すぎる状況のため返済のほうを優先してください。

銀行カードローンとの違い

カードローン「faith」は国際ブランドで有名なJCBが提供しているため安心感があります。銀行カードローンにも同じ安心感がありますが、次のような違いがあることを事前に知っておきましょう。

金利の違い

銀行カードローンの最大金利は年14.0%ほどが多いです。一方、JCBカードローン「faith」の最大金利は12.50%となっています。

あくまでも入会審査しだいとなりますが、「faith」は銀行カードローンよりも低金利なのが魅力です。
キャッシング1回払いなら金利一律5.00%という「faith」のしくみも、銀行カードローンには見られません。

当行口座開設の違い

銀行カードローンを利用するには、当行口座が必要な場合があります。他行口座のみ方は、カードローンと口座開設の同時申し込みが必要です。

しかし、JCBカードローン「faith」では登録さえできれば、多くの口座で利用できます。銀行カードローンのように当行口座に縛られる心配はありません。口座開設する手間をかけずに申し込みできるのが「faith」です。

審査スピードの違い

銀行カードローンの審査では、警察庁が保有するデータベースへの照会が必要なため即日審査ができません。(照会から結果が出るまで最短翌営業日)

しかし、JCBカードローン「faith」では最短即日審査が可能です。ただし、ローンカードが届くまで最短3営業日かかるため、申し込み当日中のキャッシングはできません。

総量規制の違い

銀行カードローンは総量規制(個人の方の借入を年収3分の1までに制限)の対象外となります。

一方、JCBカードローン「faith」は総量規制の対象です。他社借入額がある方は、先ほど紹介した簡易審査シミュレーションを申し込み前に利用すると良いでしょう。

申し込み条件の違い

銀行カードローンとJCBカードローン「faith」では、申し込み条件にも違いがあります。安定した収入という申し込み条件は、多くのカードローンで共通です。

しかし、申し込み年齢はカードローンによって違いますので注意してください。

この記事のまとめ

JCBカードローン「faith」は最大12.50%の低金利でキャッシングできるのが一番の魅力。キャッシング1回払いといった他社カードローンにはあまり見られない返済方法も用意しています。

「キャッシング振り込みサービス」を利用すれば、最短数10秒で振込みされるため急ぎでキャッシングしたいときにも便利です。

ただし、審査基準が消費者金融より高めである可能性には注意しましょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする


JCBのカードローン

JCBカードローン公式サイト
おすすめポイント

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

金融分類 消費者金融
限度額 500万円
金利 4.4%~12.5%
審査時間 条件による
融資スピード -
申込み条件

・申込時の年齢20歳以上58歳未満
・勤めており毎月安定した収入を得ている方

申込み方法 ・公式ホームページから申込み
借り入れ方法

・インターネット
・電話
・ATM

返済方法

・口座振替
・インターネット
・電話
・ATM

即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

目的別にカードローンを比較