先生 うさたん
先生 うさたん

オリックス銀行カードローンの特徴やメリット・デメリットを解説!

オリックスカードローン
  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

オリックス銀行カードローンはオリックスグループの信託銀行が提供しています。オリックス銀行は一般的な銀行と違い、店舗なしで営業しているのが特徴のひとつ。店舗なしでもオリックス銀行カードローンの利便性は高くなっています。

しかし、利便性が高いと言われただけでは、どんな銀行カードローンなのか分かりにくいですよね。

そこで本記事では、オリックス銀行カードローンの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。オリックス銀行カードローンの審査や、オリックスVIPローンカードとの違いが気になる方も本記事を参考にしてみてください。

オリックスグループが提供するカードローン
オリックス銀行のカードローン

オリックスカードローン公式サイト
おすすめポイント
  • コールセンターが充実してるから安心
  • 千円単位で必要な分だけ借入可能
  • がん保障付きプランでもしもの時も安心
  • 来店不要・口座開設不要・WEB完結

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

金融分類 ネット銀行
限度額 800万円
金利 1.7%~17.8%
審査時間 条件による
融資スピード -
申込み条件

・年齢20歳以上69歳未満の方
・原則、毎月安定した収入のある方
・日本国内に在住している方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
・オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

申込み方法 ・公式ホームページから申込み
借り入れ方法

・インターネット
・電話
・ATM
・コンビニ端末(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等)

返済方法

・口座振替
・ATM
・振込
・コンビニ端末(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等)

即日融資リミット

向いている人

オリックス銀行カードローンでは、ジャパンネット銀行口座を持っている人に向いています。ジャパンネット銀行口座なら平日でも土日祝でも即時振込です。ほかの金融機関の口座で即日振込して貰うには、平日15時までの手続きが必要となります。

向かない人

オリックス銀行カードローンの最大金利は17.8%となっており、大手消費者金融の最大金利18.0%ほどとほぼ同じです。低金利で借りたい方は、最大金利14%台の銀行カードローンへ申込みすると良いでしょう。

オリックス銀行カードローンの特徴

まずはオリックス銀行カードローンの限度額や金利、借入方法や返済方法について解説していきます。

限度額は最高800万円

オリックス銀行カードローンの限度額は最高800万円(10万円単位)です。オリックス銀行カードローン申込み時に次の限度額コースの中から希望のものを選べます。

・800万円コース
・700万円コース
・600万円コース
・500万円コース
・400万円コース
・300万円コース
・200万円コース
・150万円コース
・100万円コース
・100万円未満コース

希望できる限度額コースは少額融資向けの100万円未満コースから、高額融資向けの800万円コースまで様々。借りたい金額にあった限度額コースを選べるのが、オリックス銀行カードローンの特徴のひとつです。

カードローンの限度額が不足しているときは、オリックス銀行へ増額申請できます。限度額を増額したいときは、次の電話番号にかけてください。

連絡先 カードデスク
電話番号 0120-890-699
受付時間 平日9時00分~18時00分

ただし、増額審査に通過しないと増額されない点には注意してください。カードローンの利用実績がない状態だと増額審査の通過が期待できません。半年ほどはカードローンの利用実績を上げてから、増額審査を受けると良いでしょう。

金利は年1.7%~17.8%

オリックス銀行カードローンの金利は年1.7%~17.8%です。年4.5%~17.8%の範囲で、次のように限度額に応じた金利が設定されます。

限度額 金利
700万円~800万円 年1.7%~4.8%
500万円~700万円 年3.5%~5.8%
300万円~500万円 年4.5%~8.8%
150万円~300万円 年5.0%~12.8%
100万円~150万円 年6.0%~14.8%
~100万円 年12.0%~17.8%

審査によって高い限度額が決まるほど、低金利で借入できる仕組みです。ただし、新規契約の方は限度額100万円未満・金利12.0%~17.8%になると考えたほうが良いでしょう。

借入方法

オリックス銀行カードローンの借入方法は次の2種類です。

  • 指定口座への振込融資
  • 提携ATMからの引き出し

それぞれの借入方法について、詳しくは次をご覧ください。

指定口座への振込融資

振込融資はパソコンやスマートフォン、電話で手続きすると指定口座に振込するという借入方法です。パソコンやスマートフォンで振込融資を受けたいときは、メンバーズナビ(WEBサービスを提供する専用サイト)へログインしてください。

電話で振込融資を受けたいときは、次の電話番号へかけてください。

連絡先 カードデスク
電話番号 0120-890-699
受付時間 平日9時00分~18時00分

オリックス銀行カードローンでは次の口座を登録できます。

登録口座 振込融資や引き落とし用(返済)の口座
振込専用口座 振込融資専用の口座

登録口座と振込専用口座と両方登録しておくと、振込融資の際にどちらか都合の良い口座を選べます。それぞれの口座変更方法は次のとおりです。

登録口座 インターネット、または書面
振込専用口座 メンバーズナビ

登録口座を変更したいときはメンバーズナビへログインし、インターネットまたは書面から都合の良い変更方法を選んでください。

提携ATMからの引き出し

提携ATMからの引き出しは発行されたローンカードを使用する借入方法です。オリックス銀行カードローンを利用できる提携ATMと主な設置店舗は次をご覧ください。

登録口座 振込融資や引き落とし用(返済)の口座
振込専用口座 振込融資専用の口座

登録口座と振込専用口座と両方登録しておくと、振込融資の際にどちらか都合の良い口座を選べます。それぞれの口座変更方法は次のとおりです。

提携ATM 主な設置店舗
セブン銀行ATM セブンイレブン、イトーヨーカドーなど
イーネットATM ファミリーマート、ポプラ、デイリーヤマザキなど
ローソン銀行ATM ローソン、ナチュラルローソンなど
イオン銀行ATM イオン、ミニストップなど
ほか銀行提携ATM 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行

提携ATMによって利用時間が異なるため、オリックス銀行カードローンの公式ホームページで確認しておきましょう。

返済方法

オリックス銀行カードローンでは約定返済随時返済が行えます。約定返済と随時返済について、詳しくは次のとおり。

約定返済の方法

毎月10日、または月末日の返済日までに返済するのが約定返済です。オリックス銀行カードローンの約定返済は、次の方法で行えます。

  • 口座引き落とし
  • 提携ATM
  • 振込

口座引き落としによる返済では、登録口座より自動的に引き落としされます。振込専用口座は口座引き落としに利用できないため注意してください。

提携ATMによる返済はローンカードを使用、振込による返済はオリックス銀行が用意した返済専用口座へ振込する返済方法です。最寄りにセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニがあるときは、提携コンビニATMによる返済が便利。

提携ATMまで出かけるのが面倒というときは、振込による返済を行うと良いでしょう。返済専用口座を確認したいときは、メンバーズナビへログインしてください。

オリックス銀行カードローンの返済方式は、残高スライドリボルビング方式です。残高スライドリボルビング方式では、次のように残高によって毎月の返済額が変動していきます。

残高 毎月の返済額
~30万円 7,000円
30万円~50万円 10,000円
50万円~100万円 20,000円
100万円~150万円 30,000円
150万円~200万円 35,000円
200万円~250万円 40,000円
250万円~300万円 45,000円
300万円~400万円 50,000円
400万円~500万円 60,000円
500万円~600万円 70,000円
600万円~ 80,000円

返済方法を口座引き落としへと変更するには、どうしたら良いかニャ?

返済方法を口座引き落としへ変更したいときは、メンバーズナビの口座振替WEB受付サービス、または預金口座振替依頼書で手続きしてください。

預金口座振替依頼書はメンバーズナビ、またはカードデスクへの電話で請求できますよ。

にゃ~る~ほ~ど~。
簡単な手続きでできるんだニャ~。

随時返済の方法

約定返済に追加して返済するのが随時返済です。オリックス銀行カードローンでは、次の方法で随時返済ができます。

  • 口座引き落とし
  • 提携ATM
  • 振込

口座引き落としで随時返済(一括返済、または増額返済)したいときは、メンバーズナビにログインして手続きしてください。(口座引き落としによる返済を利用している方が対象)

1か月のうち、いつ返済したら随時返済になるのですか?

随時返済は基準時より前というタイミングで行ってください。基準時は返済日より14日前の午前3時00分となります。

たとえば2月10日が返済日の場合、14日前である1月27日の午前3時00分が基準時です。月末日の1月31日が返済日の場合は、14日前の1月17日の午前3時00分が基準時となります。

オリックス銀行カードローンのメリット

次からはオリックス銀行カードローンにあるメリットを紹介いたします。

20歳以上69歳未満と申込み年齢が幅広い

カードローンでは下限と上限の申込み年齢を設けているものが多いです。

消費者金融カードローンでは申込み年齢20歳から69歳まで、銀行カードローンでは20歳から65歳までが一般的。上限の申込み年齢を超えている方はカードローンへの申込みはできません。

オリックス銀行カードローンでは20歳以上69歳未満の申込み年齢を設けているため、ほかの銀行カードローンより上限の申込み年齢が高めの設定です。

利用できるATMの台数が多い

オリックス銀行カードローンを利用できる提携ATMは10万台以上もあります。(2019年3月末時点)

全国に提携ATMが広がっているため、旅行先でお金が足りなくなっても借入しやすいです。コンビニ提携ATM(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど)では、次のように幅広い時間帯で利用できますよ。

曜日 利用時間帯
平日・土日祝 0時15分~3時00分、4時10分~23時50分

提携ATMの利用手数料は無料

提携ATMでカードローンを利用すると、所定の手数料が発生することがあります。しかし、オリックス銀行カードローンでは提携ATM利用手数料は無料です。

コンビニ提携ATMはもちろんのこと、銀行提携ATMでも利用できる時間帯なら手数料無料。提携ATM利用手数料を負担することなく、借入・返済できます。

口座開設不要で申込みできる

各銀行の口座が必須となる銀行カードローンの場合、口座を持っていない方は新規開設しないと利用できないです。

しかし、オリックス銀行カードローンならオリックス銀行の口座を持っていない方でも、新規開設不要で利用できますよ。口座経由の取引となる振込融資、口座引き落とし、ともに他行の口座で行うことが可能です。

オリックス銀行カードローンは新規口座開設すると時間がかかる、面倒という方にも便利。

LINEによる契約照会サービスを利用できる

オリックス銀行カードローンでは、LINEによる契約照会サービスを提供しています。コミュニケーションアプリLINEとメンバーズナビを連携させたサービスで、次の契約内容をスマートフォンの画面で確認できますよ。

  • 限度額
  • 金利
  • 借入可能額
  • 残高
  • 次回の返済額
  • 次回の返済日

LINEによる契約照会サービスを利用したいときは、次の方法で手続きしてください。

1.メンバーズナビへログイン
2.オリックス銀行LINE公式アカウントを友だち登録
3.LINEメニューにある「ID連携してご契約内容を確認」をタップ
4.手続き完了

お出かけ先で借入・返済したいけど、借入可能額や次回の返済額がいくらだったのか忘れてしまったというときにも便利です。スマートフォンを持っている方は、LINEによる契約照会サービスを利用してみると良いでしょう。

1,000円以上1,000円単位で細かく借りられる

クレジットカードのキャッシングでは、1万円単位という場合があります。足りないのは3,000円や5,000円だけという場合でも、1万円キャッシングするしかありません。余分なキャッシングを行うと、その分だけ利息の負担が増えてしまいます。

そんなときでも、オリックス銀行カードローンなら1,000円以上1,000円単位で借入可能です。クレジットカードのキャッシングより細かい借入ができるため、利息分の節約にもつながりやすいですよ。

提携ATMでの返済も1,000円以上1,000円単位になるのかニャ?

提携ATMでの返済も借入と同様、1,000円以上1,000円単位です。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行の店舗内ATMなら、1円以上1円単位で硬貨での返済ができますよ。

最終回の返済で1,000円以下の端数が出た場合でも、1円以上1円単位のATMならぴったり返済できます。

1,000円単位で借入もできるのはすごいニャ~。

当日中の振込融資が受けられる

オリックス銀行カードローンの振込融資では、次の時間に振込が実施されます。

ジャパンネット銀行口座

曜日 受付時間 振込時間
平日・土日祝 0時10分~23時50分 即時

そのほかの銀行口座

曜日 受付時間 振込時間
平日 0時10分~8時40分 当日9時00分~10時00分
平日 8時40分~15時00分 当日
平日 15時00分~23時50分 翌営業日9時00分~10時00分
土日祝 0時10分~23時50分 翌営業日9時00分~10時00分

ジャパンネット銀行口座なら、平日でも土日祝でも即時振込です。土日祝にお金を借りたいときにも便利ですよ。

オリックス銀行カードローンのデメリット・注意点

オリックス銀行カードローンにはメリットがある反面、次のデメリット・注意点があります。事前にデメリット・注意点を把握してから、オリックス銀行カードローンへ申込みしたほうが良いですよ。

専業主婦の方は申込みできない

収入のない専業主婦の方でも、カードローンによっては申込みできます。しかし、オリックス銀行カードローンでは収入のない専業主婦の方だと申込みできません。

オリックス銀行カードローンへ申込みは本人だけに限られます。そのため、勝手に旦那さんの名前で申込みし、専業主婦の方が借りるといったことはできません。

旦那さんにカードローンへの申込みと借入を行ってもらう方法はありますが、旦那さんへの相談が必要になります。旦那さんにお金について相談しにくいという専業主婦の方は、パートなどで収入を得ることを考えたほうが良いでしょう。

毎月の最小返済額が高め

カードローンによっては毎月1,000円、2,000円から返済できます。毎月小額から返済したいという方にも便利です。

しかし、オリックス銀行カードローンでは毎月7,000円からの返済となります。毎月1,000円、2,000円から返済できるカードローンと比べると、オリックス銀行カードローンの毎月の最小返済額は高めの設定です。

ただし、毎月の返済額が高めとなる分だけ、完済までが早くなります。なるべく早めに完済し、利息を抑えたい方には、毎月の返済額の高さがメリットに変わることでしょう。

毎月の返済日は10日と月末日しか選べない

カードローンによっては1日から月末日まで、自由に返済日を指定できます。お給料日にあわせて返済したいときにも便利。

しかし、オリックス銀行カードローンで選べる返済日は10日と月末日のみです。選べる返済日が少ない点には注意してください。

25日~27日がお給料日という方なら月末日を返済日に選んでおくと、お給料日にあわせた返済ができます。月末日がお給料日という方は、少し離れますが10日を返済日に選ぶと良いでしょう。

審査結果が出るまで時間がかかる

消費者金融カードローンではスピーディーな審査が受けられることが多いです。最短なら30分で審査結果、1時間で融資といった消費者金融も見られます。

しかし、オリックス銀行カードローンでは審査結果が出るまで時間がかかりやすいです。

オリックス銀行カードローンでは土日に審査は受けられますか?

オリックス銀行カードローンでは、土日の審査は行っていません。土日に新規申込みし、その日のうちにお金を借りたい方は、土日でも即日審査・即日融資が受けられる消費者金融カードローンへ申込みしたほうが良いでしょう。

土日の審査はないのね・・・。

一部の銀行口座で口座引き落としでの返済ができない

オリックス銀行カードローンでは、一部の銀行口座で口座引き落としでの返済ができません。口座引き落としでの返済ができない銀行口座は次のとおりです。

  • 商工中金(国内の政策金融機関)
  • 農林中央金庫(農業、漁業、林業など農林水産業の方をサポートする金融機関)
  • ジャパンネット銀行以外のネット銀行(セブン銀行、ローソン銀行、楽天銀行、イオン銀行など)
  • 外資系銀行
  • 漁業協同組合(漁業者の方をサポートする協同組合)
  • オリックス銀行

自社のカードローンなのに、オリックス銀行口座で引き落としによる返済ができません。

口座によっては当日中の振込融資は平日15時まで

オリックス銀行カードローンでは、ジャパンネット銀行以外の銀行口座だと、振込融資の利便性が低くなります。ジャパンネット銀行以外の銀行口座へ当日中に振込してもらうには、平日15時00分までの振込手続きが必要です。

平日15時過ぎ、土日祝の振込手続きは翌営業日扱いとなるため、急ぎでお金を借りたいときは早めに振込手続きしましょう。

銀行カードローンとしては最大金利が高め

銀行カードローンは消費者金融カードローンより低金利で借りられるのが魅力のひとつ。しかし、オリックス銀行カードローンの最大金利17.8%は高めの水準です。

17.8%は消費者金融カードローンの最大金利と同水準となります。できるだけ低金利で借りたいという方は、ほかの銀行カードローンを選んだほうが良いでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査は厳しいの?

消費者金融カードローンよりも、銀行カードローンの審査は厳しめです。オリックス銀行カードローンへの申込みを考えている方は、審査が厳しいのかどうか気になりませんか?

そんな方のために、次からはオリックス銀行カードローンの審査について解説していきます。

オリックス銀行カードローンの申込み条件

オリックス銀行カードローンの審査を受ける前に、確認しておきたいのが次の申込み条件です。

  • 年齢20歳以上69歳未満の方
  • 安定した収入のある方
  • 国内に在住している方(外国籍の方は、永住者または特別永住者であること)
  • 保証会社の保証が受けられる方

上の申込み条件はすべて満たさないと、オリックス銀行カードローンの審査通過が厳しくなりますよ。

審査を担当する保証会社は2社

オリックス銀行カードローンの審査を担当するのが、次の保証会社です。

  • オリックス・クレジット株式会社(オリックスグループの信販系会社)
  • 新生フィナンシャル株式会社(新生銀行の子会社で消費者金融系会社)

オリックス銀行カードローンでは保証会社2社となっています。保証会社2社によるメリットは次をご覧ください。

保証会社2社によるメリット

保証会社1社の銀行カードローンの場合、その保証会社の保証が受けられない方は利用できません。しかし、保証会社2社の銀行カードローンなら、どちらか1社の保証が受けられれば良いのです。

オリックス銀行カードローンでは保証会社2社同時に審査を行うのではなく、まずはオリックス・クレジット株式会社の審査から始まります。オリックス・クレジット株式会社の保証が受けられないときは、新生フィナンシャル株式会社の審査が始まるという流れです。

保証会社2社の銀行カードローンでは、2社のうち審査基準の厳しい保証会社から審査が始まる傾向があります。そのため、信販系のオリックス・クレジット株式会社より、消費者金融系の新生フィナンシャル株式会社のほうが審査基準が低めの可能性があります。

信販系の審査基準に満たない方でも、消費者金融系の審査基準を満たしていれば、オリックス銀行カードローンの審査通過が期待できますよ。

ただし、保証会社2社だからといって審査が甘くなる訳ではありません。新生フィナンシャル株式会社が消費者金融系といっても、銀行カードローンにあわせた審査基準を設定している可能性が高いです。

オリックス銀行カードローンの審査に通過するには、一定以上の信用力と返済能力が要求されると考えたほうが良いでしょう。

オリックスVIPローンカードとの違い

オリックス・クレジット株式会社では、オリックスVIPローンカードというローン商品を扱っています。次からはオリックス銀行カードローンとオリックスVIPローンカードには、どんな違いがあるのか見ていきましょう。

比較項目 オリックス銀行カードローン オリックスVIPローンカード
金利 1.7%~17.8% 年1.7%~14.5%
限度額 800万円 最高800万円
即日審査・即日融資
ATM利用手数料 無料 ATMによっては利用手数料あり
総量規制 対象外 対象
申込み年齢 20歳以上69歳未満 20歳以上69歳以下
会員限定の優待サービス

低金利で借りたい方、即日審査・即日融資を受けたい方は、オリックスVIPローンカードのほうが便利。さらにオリックスVIPローンカードには、ホテルやレンタカーなどのサービスや施設にて会員限定の優待まで受けられます。

ただし、オリックスVIPローンカードは総量規制(借入は年収3分の1まで)の対象となる点には注意してください。

オリックス銀行カードローンとオリックスVIPローンカードでは、どちらの審査が厳しいですか?

オリックス銀行カードローン、オリックスVIPローンカード、どちらの審査が厳しいのかは判断が難しいです。

カードローンでは金利が低くなるほど審査が厳しくなる傾向があるため、オリックスVIPローンカードのほうが審査が厳しい可能性はありますね。

必要書類について

次からはオリックス銀行カードローンの必要書類について紹介いたします。申込み時に提出が求められる必要書類は本人確認資料と所得証明書類の2種類です。それぞれの必要書類の内訳は次のとおり。

本人確認資料

オリックス銀行カードローンでは、次の書類が本人確認資料となります。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 健康保険証
  • 在留カード・特別永住者証明書

自動車を運転している方なら、運転免許証を持っていますよね。運転免許証は表面のみのコピーで良いですが、引っ越しなどで住所変更した方は裏面のコピーも取りましょう。

所得証明書類

限度額50万円超で必要になるのが、次の所得証明書類です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書

会社員の方は年末調整のときにもらえる源泉徴収票を提出すると良いでしょう。個人事業主の方は源泉徴収票以外の所得証明書類を準備してください。

所得証明書類を持っていない方、準備するのが難しい方は限度額50万円以下で申込みしましょう。ただし、審査によっては限度額50万円以下でも所得証明書類の提出が求められることがあります。

申込みから利用開始までの流れ

オリックス銀行カードローンへの申込みはインターネットのみです。店頭窓口や郵送での申込みはできませんが、申込みから利用開始までWEBで完結するため手間がかからないです。

オリックス銀行カードローンへの申込みから利用開始までの流れは次をご覧ください。

1. 申込みフォームにアクセスし、必要事項に入力して送信
2. メール記載のEメールアドレス確認用URLより受信確認
3. オリックス銀行と保証会社による審査開始
4. 勤務先への在籍確認
5. 本人確認と申込み内容の確認電話
6. ローンカード発行
7. メール記載の必要書類アップロード用URLより必要書類を提出
8. 利用開始(振込融資または提携ATMより借入)

ローンカードは転送不要の簡易書留で発送されます。不在で受け取りできなかったときは、郵便局に再配達を依頼すると良いでしょう。

審査結果の連絡は電話かニャ?

オリックス銀行カードローンの審査結果は電話連絡となります。自宅の固定電話が困るときは、申込み時に携帯電話番号のみ入力すると良いでしょう。

ただし、審査により希望に添えないときの連絡はメールまたは書面となります。

電話がくるのかドキドキだね~。

この記事のまとめ

オリックス銀行カードローンは最高限度額800万円、最大金利17.8%のローン商品です。提携ATM利用手数料無料、他行の口座でも利用できる、ジャパンネット銀行口座なら平日でも土日祝でも即時振込されるなどのメリットがあります。

オリックス・クレジット株式会社、新生フィナンシャル株式会社、保証会社2社のうち、どちらか1社の保証が受けられれば良い点も魅力のひとつです。ただし、最大金利が高め、即日審査・即日融資が受けられないなどのデメリットには注意してくださいね。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

オリックスグループが提供するカードローン
オリックス銀行のカードローン

オリックスカードローン公式サイト
おすすめポイント
  • コールセンターが充実してるから安心
  • 千円単位で必要な分だけ借入可能
  • がん保障付きプランでもしもの時も安心
  • 来店不要・口座開設不要・WEB完結

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

金融分類 ネット銀行
限度額 800万円
金利 1.7%~17.8%
審査時間 条件による
融資スピード -
申込み条件

・年齢20歳以上69歳未満の方
・原則、毎月安定した収入のある方
・日本国内に在住している方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
・オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

申込み方法 ・公式ホームページから申込み
借り入れ方法

・インターネット
・電話
・ATM
・コンビニ端末(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等)

返済方法

・口座振替
・ATM
・振込
・コンビニ端末(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等)

即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

目的別にカードローンを比較