先生 うさたん
  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

SMBCグループのプロミスは大手消費者金融のなかでも最大金利が安いです。
事情あって返済が長期化するかもしれないと考える方は、たった0.2%の金利が安いだけでも結構効きます!

毎月の最低返済額も1,000円からとなっているので、無理なく返済したいと考えている方にもぴったりな消費者金融です。
利息ゼロ期間やスマホATM取引といった利便性の高いサービスを提供しているポイントにも注目してください。

他社とどのように違うのか、本当に借りても大丈夫なのか、次に詳しく見ていきましょう!

プロミスの審査について知りたい方は、下記の記事も参考にしてみてください。

融資スピードが爆速!急いでいるときの
プロミスのカードローン

プロミス公式サイト
おすすめポイント
  • 完全Web完結、郵送なしで誰にもバレない
  • 審査最短30分、最短1時間の融資
  • カード不要!スマホアプリで借入れOK
  • とにかく使い勝手が良い!

審査時間最短1時間と早く、即日融資も可能。金利は4.5%~17.8% でご利用限度額は最大500万円 。初回の借り入れでは、30日間何度利用しても無利息!申し込み条件は20歳~69歳。web完結・郵送物なし・カードレスでの振込なので、家族や職場にバレにくい。

※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。
SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

金融分類 消費者金融
限度額 500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
審査時間 最短1時間
※申込曜日・時間により翌日以降の取扱いとなります
融資スピード 最短で即日融資
申込み条件

・満20歳以上69歳以下の方
・定期的な収入(パート・アルバイト含む)と 返済能力を有する方

申込み方法 公式ホームページから申し込み ・店頭で申込み
借り入れ方法

・インターネットバンキング
・口座振替
・店頭窓口
・ATM
・コンビニ端末(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

返済方法

・インターネットバンキング
・口座振替
・店頭窓口
・ATM
・コンビニ端末(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

即日融資リミット

プロミスにある8つのメリットについて

プロミスのメリットは必読です。
知名度が高いのはもちろんのこと、選んで損をしない理由(メリット)があります。

メリット1:郵送物なしのWEB完結、在籍確認の回避も可能

プロミスからの郵送物が届くかもと心配している方もいると思います。
でも、ご安心ください!
プロミスではインターネットで申し込みできる WEB完結で申し込みすれば、自宅に郵便物が届きません。

在籍確認を回避して契約する方法

プロミスの審査が進む過程で電話での在籍確認が大原則。
ですが、プロミスは電話での在籍確認の回避が可能です。

メリット2:最短10秒で振込する「瞬フリ」

プロミスからの振込キャッシング(瞬フリ)は 24時間365日振込できる主な銀行口座があれば最短10秒で着金します。
急いでいる人に嬉しいサービスです。

瞬フリ対応金融機関

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行

ほかにも多くの銀行口座で24時間365日振込に対応しています。

自分の口座が24時間365日振込できるのかどうかは何を見たら分かるのかニャ?

分からないときは、プロミス公式サイトの参考:金融機関別振込実施時間検索より調べられますよ。

メリット3:最速で借りたいときに便利なアプリローン

お金を借りるときにローンカードが必要な消費者金融だと少しわずらわしさがありますよね。いざお金を借りようと思っても、財布に色々なカードがある場合は探す手間を感じるかもしれません。

プロミスなら申し込みから借入まで、スマホで完結するアプリローン(スマホATM取引)があります。

カード発行なしの関係上、最短なら1時間で借入できるのがアプリローンのメリットのひとつです。振込キャッシング、または全国のセブン銀行ATMの2種類より都合の良い方法で借入できます。

口座へ入金してほしいときは振込キャッシング、直接現金で借入したいときはセブン銀行ATMより借入すると良いでしょう。

スマホは出かける時にいつでも持ち歩くものですし、思った以上に便利なサービスです。

メリット4:プロミスATMと三井住友銀行ATMなら手数料無料

カードローンをATMで利用する際、手数料が気になりませんか?

カードローンによっては110円(税込)、または220円(税込)のATM利用手数料が発生します。しかし、プロミスではプロミスATMと三井住友銀行ATMの利用手数料が無料です。

ご自宅の近くに該当のATMがあれば、お得なので積極的に利用しましょう。

メリット5:初回出金の翌日から適用される利息ゼロサービス

初回利息ゼロ円は他社でも展開していますが、プロミスが他社と違うのは、「初回にお金を借りた(出金)した翌日からの適用」という点です。
※プロミスの初回30日間無利息サービスはメールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要です。

他社の場合は、初回契約日の翌日からです。つまり実際にお金を出金しなくても契約した次の日から利息ゼロ円期間が始まってしまいます。

その点、プロミスなら初めてお金を借りた日からなので、利息ゼロ円期間を最大限利用できます。

メリット6:ポイントを貯めてつかえるポイントサービス

プロミスではほかの消費者金融にはあまり見られないポイントサービスを提供しています。ポイントサービスでのポイントの貯め方は次の表のとおりです。

貯め方 ポイント付与数
ポイントサービスへの初回登録 100ポイント
会員WEBサービスへのログイン(毎月初回) 10ポイント
会員WEBサービスの「プロミスからのお知らせ」確認 5~20ポイント
収入証明書類の提出 160ポイント
返済日お知らせメール 1ポイント
取引確認メール 1ポイント
WEB明細の受け取り 1ポイント

貯めたポイントは次のサービスにつかえます。

サービス名 必要ポイント数
提携ATMの利用手数料無料 40ポイント
利息ゼロサービス 250ポイント(7日間)/400ポイント(15日間)/700ポイント(30日間)

貯めたポイントを利息ゼロサービスに使えるのが大きいですね。
上手く利用すると、支払利息を減らすことができます。

メリット7:会員向け優待サービスを利用できる

プロミスでは会員向け優待サービス「おとくらぶ」を提供しています。
色々な施設でどんな優待が受けられます。

施設名 優待内容
ピザーラ Lサイズ500円オフ
ドミノピザ 注文代金より15%オフ
磯丸水産 会計より10%オフ
ナポリの窯 3,000円以上の注文で15%オフ
クア・アイナ ハンバーガー、サンドウィッチの注文でチーズトッピング無料

上記のほかにもお得になる施設は国内外にたくさんです。消費者金融なのにクレジットカードのような優待サービスが受けられるのが魅力ですよね。

「おとくらぶ」の優待が受けられる施設はどこで分かりますか?

参考:「おとくらぶ」の公式サイト より検索できますよ。

メリット8:毎月の最低返済額は1,000円から返済

プロミスの毎月の最低返済額は次の表で計算されます。

借入残高 毎月返済額
~30万円 借入残高×3.61%
30万円~~100万円 借入残高×2.53%
100万円~ 借入残高×1.99%

1万円の借入残高だと「1万円×3.61%=361円」、1,000円未満は切り上げとなるため毎月の返済額は1,000円となります。

実はこの返済額は大手消費者金融の中で最低額です。
プロミスと同じような方式を採用しているアコムは「~30万円の借入残高の場合、毎月の返済額は借入残高×4.2%」ですし、アイフル・モビットは4,000円からです。

他社と比較すると、今月お金が厳しいときでも返済し続けやすい消費者金融ということができます。

毎月1,000円で返済できるのは、借入残高いくらまでなのかニャ?

借入残高2万円までです。借入残高3万円になると毎月2,000円の返済となります。

プロミスにある3つのデメリットについて

デメリットと言えるほど気になるものではありませんが、プロミスには注意点が3点あります。

内容を知っておくことで避けることができますので要確認です。

デメリット1:提携ATMは利用手数料が発生する

プロミスでは次の提携ATMを利用すると手数料が発生します。

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネット
  • ゆうちょ銀行など

借入時も返済時も110円(税込)、または220円(税込)の利用手数料となるのがデメリットのひとつです

利用手数料を払いたくない方は、先ほど紹介したプロミスATM、または三井住友銀行ATMを利用すると良いでしょう。
他にも貯めたポイントを提携ATM手数料に使用して、うまくATM手数料を削減してください。

デメリット2:口座によっては口フリ(口座振替)の返済期日が5日のみとなる

プロミスの返済方法を口フリ(口座振替)にしたときは、三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の口座だと返済期日が5日のみとなります。
そのため、返済期日が5日だと都合が悪いという方は注意が必要です。

しかし、三井住友銀行か、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば口座振替でも返済期日を選べるのでご安心ください。

ちなみに他社のカードローンの口座振替は返済期日を選べるんですか?

他社も同じく返済期日に指定ある場合が多いです。プロミスだけというわけではありませんよ。

デメリット3:口座によっては瞬フリでも振込が翌営業日になる

プロミスでは瞬フリでも、口座によっては振込が翌営業日になります。
たとえば新生銀行の口座だと平日18:30以降、土日祝の手続きで振込は翌営業日です。

急ぎで借入したい場合は、瞬フリ対応の口座を選択するか、原則24時間365日対応のアプリローンがおすすめです。

プロミスと他社カードローンとの違い

プロミスと他社カードローンの比較表を次に掲載しておきます。
金利や限度額など、どんな違いがあるのか知りたい方は注目。

比較項目 アコム プロミス アイフル SMBCモビット
最大金利 18.0% 17.8% 18.0% 18.0%
限度額 800万円 500万円 最高800万 800万円
最低返済額 1,000円 1,000円 4,000円 4,000円
無利息サービス ○(契約日の翌日) ○(初回出金の翌日) ○(契約日の翌日) ×
審査スピード 最短30分 最短30分 最短30分 最短30分
審査通過率(2018年4月~2019年3月) 41%~46%ほど 42%~47%ほど 42%~48%ほど 非公開

プロミスは他社と比較してもプラスの特徴が目立ちます。

  • 最大金利が低い
  • 利息ゼロサービスが初回借入日の翌日から

プロミスの審査スピードや審査通過率は他社カードローンとほぼ同じなだけに、上記2つの特徴はプロミスを選択する強い理由になりそうです。

プロミスの申し込み方法・借入方法・返済方法について

プロミスの申し込み方法・借入方法・返済方法を知りたい方は次をご覧ください。

プロミスのお借入シミュレーション

プロミス公式サイトでは、お借入シミュレーションというサービスを提供しています。生年月日、年収、他社借入額を入力すると、すぐに借入できるかどうか分かるサービスです。

「ご融資可能と思われます」と表示されたときは、借入できる可能性が高くなります。
しかし、「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは、判断することができません」と表示されたときは借入の可能性が低いです。

お借入れシミュレーションは審査に影響しないので、気軽にシミュレーションして大丈夫です。

プロミスへの申し込み方法

プロミスへ申し込みするときに便利なのが、WEB完結です。

WEB完結の流れ

  • 1.申し込みフォームにアクセス
  • 2.自宅情報や勤務先情報などの必要事項に入力
  • 3. WEBでの契約方法を選ぶ
  • 4. 必要書類(本人確認書類・収入証明書類)を画像化して送信
  • 5. 審査
  • 6. 口座振替による返済を選ぶ
  • 7. カード郵送希望なしを選ぶ
  • 8. 契約完了

申し込みから契約までWEB上で完結できるため、店頭窓口への来店は不要です。

本人確認書類・収入証明書類

本人確認書類・収入証明書類の内容は次のとおりです。

本人確認書類 運転免許証/パスポート/健康保険証+住民票(※1)
収入証明書類 源泉徴収票/給与明細書/確定申告書

なお、次の条件を満たせば収入証明書類の提出は不要です。

  • 限度額が50万円未満
  • 限度額と他社借入額の合計が100万円未満

(※1)外国籍の場合は在留カード、または特別永住者証明書も用意

プロミスの借入方法

プロミスでは次の借入方法を用意しています。

  • 瞬フリ(パソコン、またはスマホ)
  • 電話(0120-24-0365)
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM(三井住友銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット、ゆうちょ銀行など)

上記のなかから、都合の良い方法を選ぶことができます。

プロミスの返済方法

プロミスでは次の返済方法を用意しています。

  • 口フリ(口座振替)
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM(三井住友銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット、ゆうちょ銀行など)
  • コンビニメディア端末(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート)

コンビニメディア端末は返済のみです。借入はできませんが返済手数料は無料です。

インターネットなら24時間365日返済できる

プロミスの返済方法のうち、24時間365日都合の良いときに返済できるのがインターネットです。約1,100もの口座でインターネット返済に対応しています。

口座自動引き落としの口フリ以外で返済したいときに便利です。

5日、15日、25日、末日から都合の良い返済期日を選べる

プロミスでは5日、15日、25日、末日の返済期日から選べます。
給料日に近い返済期日を選ぶと毎月の計算がしやすいです。

三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座なら、口フリでも5日、15日、25日、末日から都合にあわせて選べます。

この記事のまとめ

プロミスはほかの消費者金融には見られないポイントサービスや優待サービスを提供しているのが魅力です。瞬フリや口フリなど、利便性の高いサービスも提供しています。

アプリローンは最速で借りたい方、スマホで借りたい方にも便利です。利息ゼロサービス以外にも、さまざまなメリットがあるため、借入を検討している方はプロミスに注目してみてください。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

融資スピードが爆速!急いでいるときの
プロミスのカードローン

プロミス公式サイト
おすすめポイント
  • 完全Web完結、郵送なしで誰にもバレない
  • 審査最短30分、最短1時間の融資
  • カード不要!スマホアプリで借入れOK
  • とにかく使い勝手が良い!

審査時間最短1時間と早く、即日融資も可能。金利は4.5%~17.8% でご利用限度額は最大500万円 。初回の借り入れでは、30日間何度利用しても無利息!申し込み条件は20歳~69歳。web完結・郵送物なし・カードレスでの振込なので、家族や職場にバレにくい。

※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。
SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

金融分類 消費者金融
限度額 500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
審査時間 最短1時間
※申込曜日・時間により翌日以降の取扱いとなります
融資スピード 最短で即日融資
申込み条件

・満20歳以上69歳以下の方
・定期的な収入(パート・アルバイト含む)と 返済能力を有する方

申込み方法 公式ホームページから申し込み ・店頭で申込み
借り入れ方法

・インターネットバンキング
・口座振替
・店頭窓口
・ATM
・コンビニ端末(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

返済方法

・インターネットバンキング
・口座振替
・店頭窓口
・ATM
・コンビニ端末(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

目的別にカードローンを比較