先生 うさたん
先生 うさたん

プロミスの審査に落ちないための注意点と必要書類・申し込み方法を解説!

プロミスカードローン

プロミスは大手消費者金融の中でも「WEB完結で申し込みが可能」、「カードレス」、「スマホATM対応」、「瞬フリサービス」、「無利息期間あり」と使い勝手が非常によいカードローンです。

プロミスのカードローンの申し込みから審査の注意点などを詳しく見ていきましょう!

融資スピードが爆速!急いでいるときの
プロミスのカードローン

プロミス公式サイト
おすすめポイント
  • 完全Web完結、郵送なしで誰にもバレない
  • 審査最短30分、最短1時間の融資
  • カード不要!スマホアプリで借入れOK
  • 初めての方は30日間利息0円!

審査時間最短30分と早く、即日融資も可能。金利は4.5%~17.8% でご利用限度額は最大500万円 。初回の借り入れでは、30日間何度利用しても無利息!申し込み条件は20歳~69歳。web完結・郵送物なし・カードレスでの振込なので、家族や職場にバレにくい。

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

金融分類 消費者金融
限度額 500万円
金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短で即日融資
申込み条件

・満20歳以上69歳以下の方
・定期的な収入(パート・アルバイト含む)と 返済能力を有する方

申込み方法 公式ホームページから申し込み ・店頭で申込み
借り入れ方法

・インターネットバンキング
・口座振替
・店頭窓口
・ATM
・コンビニ端末(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

返済方法

・インターネットバンキング
・口座振替
・店頭窓口
・ATM
・コンビニ端末(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

即日融資リミット

プロミスに向いてる人

即日融資や瞬フリサービスなど、借り入れまでがスムーズなので「今すぐ利用したい!」と思っている方におすすめです。

WEB完結型なのでインターネットを使える方は場所や時間を選ぶことがなく、快適に利用できますよ。

その他、カードレスですし、スマホATM対応なのでバレたくない人にもおすすめですよ。

プロミスに向いてない人

他の大手消費者金融と比べると成約率が数%低いので成約率を重視する方や、借入を急いでおらず低金利を重視したい方は銀行カードローンの方が向いているのでプロミスはおすすめできません。

プロミスのカードローン審査は厳しいのか?

カードローンを利用する際に「できるだけ審査の緩い会社を利用したい」と考えている方は多いのではないでしょうか?

プロミスだけではなく、アコムやアイフルなど、CMや雑誌などで広告を出すカードローン業者が増えていているので、カードローン選びに迷ってしまいますよね。

消費者金融のカードローンの成約率を比較

下記の表は、「プロミス」「アコム」「アイフル」のカードローン審査の成約率をまとめた表です。

プロミスのカードローン成約率

年月 新規申込者数 新規顧客数 成約率
2019年5月 54,967人 25,270人 46.0%
2019年4月 46,220人 20,591人 44.5%
2019年3月 57,803人 24,772人 42.9%
2019年2月 46,223人 20,528人 44.4%

アコムのカードローン成約率

年月 新規申込者数 新規顧客数 成約率
2019年5月 59,935人 28,750人 48.0%
2019年4月 50,820人 22,571人 44.0%
2019年3月 56,769人 25,363人 44.7%
2019年2月 47,925人 21,642人 45.2%

アイフルのカードローン成約率

年月 新規申込者数 新規顧客数 成約率
2019年5月 44,008人 19,347人 44.0%
2019年4月 38,152人 16,183人 42.4%
2019年3月 43,911人 18,655人 42.5%
2019年2月 33,523人 15,088人 45.0%

「プロミス」「アコム」「アイフル」のカードローン成約率を見ると、どの会社も平均して42.0%〜45.0%をキープしています。

2019年5月には「は・じ・めてのアコム♪」というキャッチ―なCMの効果によりアコムが48.0%という数字を叩き出しましたが、それ以外は大手3社間の成約率にそれほど差はありません。

プロミスの審査が甘いって本当?

プロミスのカードローン成約率は平均して42%〜46%前後となっています。

「約50%ということは2人に1人は審査に通る」「アイフルがダメでもプロミスなら審査に通る」という考えに陥ってしまう方もいますが、実は違います。

また、プロミスの審査が甘いと言われる理由としては下記の3点が挙げられます。

消費者金融だから

消費者金融業者であるプロミスは、銀行系のカードローンよりも審査が甘いと言われています。実際に消費者金融と銀行系カードローンでは下記のような違いがあります。

カードローンの種類 金利(実質年率) 審査
消費者金融 3.0〜18.0%前後 優しい
銀行系カードローン 2,0〜14.0% 厳しい

消費者金融であるプロミスの審査が甘いと言われているのは、銀行系のカードローンと比較をしているからです。
カードローン利用者がお金を返済できなくなると、貸した側も困ってしまうため、銀行系カードローンは慎重に審査をする傾向があります。

銀行系カードローンに比べて審査が甘いと言われていますが、消費者金融にも明確な審査基準があるため甘いわけではありませんよ。

即日融資に対応しているから

消費者金融のような貸金業者は、利用者にお金を貸して、返してもらうときの金利を利益としています。
つまり、お金を貸せば貸すほど利息も多くなるので儲かるという仕組みになっています。

プロミスをはじめとする多くの消費者金融業者が申し込みをした当日にキャッシングを可能にする「即日融資」に対応しています。

利用者は「当日にお金を貸してくれるなら審査が甘いはずだ…」と考えてしまうこともありますよね。

しかし、即日融資が可能になるのは、あらかじめ必要書類を準備したり、職場への在籍確認、安定した収入があって返済能力が優れていると判断された方のみです。全ての申込者が即日融資を受けられるわけではありません。

パートやアルバイトも審査対象だから

プロミスの規約には「安定した収入と返済能力を有する者」と記載されており、正社員だけではなく、パートやアルバイトの人でも審査の対象になります。

ただ、審査の対象となるだけで、全員が融資を受けられると決まったわけではありません。

パートやアルバイトが審査対象に入っていることが、審査の甘さを表しているわけではありません。

プロミスの審査基準とは?

プロミスをはじめとする消費者金融の審査が甘くないと理解をしたところで、ここからはプロミスの審査基準についてご紹介します。

プロミスは「満20歳〜69歳以下で安定した収入と返済能力を有する者」という審査条件を提示しているだけで、明確な審査基準は公表していません。

しかし、カードローン申込時に聞かれる質問から、プロミスが重視しているポイントを予想することができます。

プロミスのカードローンを利用したい方は下記の3点がポイントですよ!

安定した収入がある

プロミスをはじめとする多くの貸金業者が「年収の高さよりも安定した収入」という項目を重視しています。

極端な例を挙げると、自営業者の中には夏場は稼げるけど、冬場は稼げないという季節に左右されるような生活をしている方もいるでしょう。いくら夏場に多額のお金を稼いでいても安定した収入とは呼べませんよね。

プロミスがパートやアルバイトを審査対象としているのは、ほぼ毎日シフトに入っている方は一定の収入が見込め、金額も安定しているので返済能力があると判断をするからです。

雇用形態は正社員が有利

「安定した収入」という視点で考えると、雇用形態はとても重要です。
学生アルバイトのように職を転々とする人よりも、就職をして正社員として働いている人の方が仕事を辞めるリスクが少ないからです。

大企業の正社員,医師や弁護士>中小企業の正社員>個人事業主,アルバイト,パート

上記のように、専門性の高い知識や技術を持っている方は収入も高く、仕事を辞めるリスクが低いのでカードローン審査には有利に働きます。

正社員の方はパートアルバイトの方に比べると、審査面では一歩リードといえそうです。

年収と借入希望額のバランス

プロミスのカードローン審査では年収と借入希望額のバランスがとても重要になります。
プロミスやアコム、アイフルのような消費者金融業者は、貸金業法という法律が定められており、「利用者の年収の1/3以上を貸してはいけない」という総量規制の適用を受けます。

つまり、カードローン利用者はあらかじめ借入限度額が決まっており、それ以上の金額はどうやっても借りることはできません。

総量規制については下記の表を参考にしてください。

年収 借入限度額
100万円 33万円
200万円 66万円
300万円 100万円

年収100万円の人が「50万円貸してください」と申し込んでも、法律的に貸し出す事が出来ないのです。

ご自身の年収と借入額を考えて申し込むことが審査を通過するポイントです!

他社からの借り入れがない(もしくは少ない)

プロミスのカードローンに申し込みをする前に、他の貸金業者のカードローンを利用していると、「他社への返済があるため、滞納する恐れがある」と判断をされる場合があります。

貸したお金が返ってこないと商売が成り立たないので、他社への借り入れ状況は必ず審査されます。

新たにカードローンを申し込む際は、他のカードローンを返し終わっているか、残額が返済に影響を与えないくらい少なくなってからの方がよい結果が得られますよ。

プロミスの審査に有利になる人の特徴

プロミスのカードローン審査は下記の4項目に当てはまる人が審査に通りやすいようです。

融資希望額を少額にする

プロミスをはじめとする貸金業者は総量規制と呼ばれる法律に乗っ取りお金を貸し出しています。

総量規制により年収の1/3が目安となりますが、初めての利用では限度額での融資を受けることができると考えるのは危険です。
その理由としては「返済実績がなく信用ができないから」です。

よって、初めてカードローンを利用する人は限度額で申請するのではなく、まずは5万~10万円といった少額で申請すると審査に通りやすいですよ。

勤続年数が長い

カードローン審査において職種も重要ですが、勤続年数も同じくらい重要です。
「雇用形態は正社員の方が有利」の項目でもご紹介した通り、勤続年数が長ければ長いほど、現在働いている職場を辞めるリスクが低いと判断されます。

一方で、勤続年数が1ヶ月程度や数週間程度の人は、職場の人間関係や仕事に慣れない事を理由に辞めてしまうことが考えられます。

仕事を辞めてしまうと、返済をするための収入がゼロになってしまうので、滞納する危険性も高まります。

転職を考えている人の中で、カードローンの利用を視野に入れている方は、転職前にカードローンの申し込みをした方がよいでしょう。

勤続年数が短いからという理由で審査に落ちることはあるのかニャ?

勤続年数が長い人と比べると不利ですが、収入が安定している等の他の項目も加味して判断するので大丈夫ですよ。

国民健康保険よりも社会保険

カードローンの審査には保険証も重視されます。
国民健康保険は自営業やパート・アルバイトの人が利用するので、社会的信用は低く見られがちです。

一方で、社会保険は会社に勤務していることを裏付けるものなので、パートやアルバイトの人に比べると信用スコアは高くなります。

社会保険の中には大企業の社員が加入する「健康保険組合」があり、これは一般的な中小企業の社員が加入する「協会けんぽ」より評価が高くなります。

ただ、国民健康保険だから不利というわけではないのでご安心ください!

居住形態が「持ち家」

居住形態が賃貸ではなく持ち家だと審査に有利になると言われています。

持ち家ということは、消費者金融が提供するカードローンよりも厳しい銀行の住宅ローンの審査に通っていることになるので、「返済能力がある」と判断されますよ!

プロミスの審査に落ちやすい人の特徴

プロミスのカードローン審査に通りやすい人がいる一方で、審査が不利になってしまう人もいます。
審査に落ちやすい人の特徴は下記の6つです。

収入が安定していない無職

プロミスは、全く収入の無い無職の人は審査を受けることができません。

「学生アルバイトや水商売をしている人は審査対象になるのか?」という疑問を抱く方もいますが、しっかりと収入を得ているなら、審査を受けることができます。

申し込み条件に安定した収入のある方と記載がありますが、生活保護受給者のような働かずにお金をもらっている人は審査を受けることができますか?

できません。生活保護は仕事ができずに生活に困窮している人が得られる社会システムです。支給は収入と異なるので、審査対象には入りませんよ。

他社での借入残高が年収の1/3を超えている

プロミスのカードローンを申し込む前にアコムやアイフルなどの消費者金融で借り入れをしており、借入残高が総量規制の限度額である年収の1/3を超えている方は法律の関係から審査を通ることはできません。

また、総量規制の範囲に到達していなくても複数の貸金業者から借り入れをしていることはとても印象が悪くなりますので注意してください。

申し込みの内容に虚偽の記載がある

「年収が高い方が借り入れの限度額も多い」「雇用形態は正社員が望ましい」など、審査に有利に働く条件を知っている人の中には、年収や職場を誤魔化して書いてしまう人がいます。

しかし、プロミスは提出された申し込み内容を信用情報機関に問い合わせて、真偽を確かめるので、嘘を書いた場合は確実にバレます。

嘘の記載をすると審査に落とされるだけではなく、「プロミスとトラブルを起こした」というレッテルを貼られてしまう場合もあるので注意しましょう。

プロミスとのトラブルやブラックリストに載っている

過去にプロミスとのトラブルを起こした場合や信用情報機関のブラックリストに載っている人は審査に落ちる可能性がとても高いです。

ブラックリストに載る原因としては下記の項目が考えられます。

  • 返済期日から61日以上、3ヶ月を超える滞納がある
  • 保証会社が当事者の代わりに支払いをした
  • 自己破産をしている

上記の項目が1つでも当てはまる場合は、一定期間ブラックリストに載ってしまうので、期間中はプロミスだけではなく、他の貸金業者からも借り入れをすることが不可能になります。

過去に問題を起こしたことがあり、ブラックリストに載っているか不安な方は「株式会社日本信用情報機構」や「株式会社シーアイシー」に情報開示を求めると、自分の信用情報がわかります。

内容 情報公開期間
長期の延滞 約5年間
個人再生 約5年間
トラブルによる強制解約 約5年間
自己破産 約5〜10年間

長期の滞納や貸金業者とのトラブルよりも自己破産による印象の方が悪く、最長で10年間はブラックリストから情報が消えません。

信用情報機関から情報開示をされたときに「異動」という文字が記載されている場合は、ブラックリストになっていることになります。情報開示は下記のフリーダイヤルから問い合わせることができます。

  • 株式会社日本信用情報機構:0570-055-955
  • 株式会社シーアイシー:0570-666-414

もしブラックリストに載っている場合は情報公開期間が終了してから申し込みするようにしましょう。

短期間で複数社のカードローンの申し込みをしている

短期間で「プロミス」「アコム」「アイフル」などの複数社に申し込んでいる場合は、「お金に相当困っている」と判断をされて印象が悪くなってしまいます。

複数社から借入れをすると、返済することが困難になると考えられるので審査が不利になる可能性が高くなります。

本人確認や職場への在籍連絡が取れない

プロミスに申し込むと、必ず本人確認や職場への在籍連絡が行われます。

本人確認は、申し込みをしてから數十分で連絡が届くので対応することができますが、職場への在籍連絡が取れないと審査の流れが中断することになります。

また、職場の連絡先を間違えた、虚偽の職場を記載した場合は「本人確認無効」と判断されるので、審査に落ちることになります。

派遣会社に勤めている場合の在籍確認はどうなるのかニャ?

派遣会社の場合は電話に出た方が自分のことを知らない可能性もありますよね。そういった時は、本人確認の電話の際にその旨を相談することで他の書類等の提出をすることでOKになる場合もありますよ。

必要書類

プロミスのカードローン審査に必要な書類は下記の通りです。即日融資を受けたい方は事前に準備しておくことをおすすめします。

  • 本人確認書類(運転免許証,パスポート,健康保険証)
  • 収入証明書(源泉徴収票,確定申告書,給与証明書)

収入証明書は、借入希望額が50万円を超える場合のみ必要になります。
本人確認書類は「運転免許証、パスポート、健康保険証」の中から1点だけ提出してください。

プロミス審査の申込方法と流れ

プロミスのカードローン審査の流れをご紹介します。上記でご紹介した必要書類を揃えておくことでスムーズな審査が可能になります

プロミスの審査から借入はたったの4ステップで終了します。

簡単4STEP

1. 公式サイトから申し込み

2. 審査開始

3. 契約

4. 借入れ

プロミスの公式サイトから申し込み

プロミスのカードローン審査を申し込む方法は下記の5つです。

  • インターネット(パソコン・スマートフォン)
  • 電話
  • 郵送
  • 店舗
  • 自動契約機

インターネットと電話では、店舗に足を運ぶ必要がないので忙しい方や翌日融資を受けたい方におすすめです。

郵送や店舗での申し込みの場合は、即日融資を受けることが難しくなりますが、カードローンに不安や疑問を抱いている方は担当者が親切に対応してくれる良さがあります。

申し込み方法はご自身の都合に合わせて選びましょう。

プロミスから本人確認の電話が届く

カードローンの申し込みが完了すると、申し込み後から數十分でプロミスの担当者から本人確認の電話が必ずかかってきます。

  • タイミング:申し込み後30分〜
  • 電話先:任意の連絡先
  • 内容:申し込み内容の確認
  • 所要時間:約10〜20分

電話連絡は必ず来るので、自分が対応できる連絡先を入力しましょう。
本人確認の電話は、申し込み方法によって所要時間が変わります。

「フル入力申し込み」と「カンタン申し込み」の2パターンに対応しているのですが、長電話が苦手の方は「フル入力申し込み」を選んでください。

フル入力申し込みとカンタン申し込みの違いってなんですか?

フル入力申し込みは単純に入力項目が多いです。ただ、入力項目が多い分、電話連絡があった際は質問事項が少なくなります。

会話の内容もカードローンの申し込みの内容についての確認なので、周りにバレる危険性を減らしたい方は、フル入力申し込みがおすすめですよ!

必要書類を提出・審査開始

必要書類とは上記ご紹介した本人確認書類のことです。
プロミスでは仮審査結果が通知されてから必要書類を提出します。

審査の混雑状況にもよりますが、早い場合は審査開始から30分で仮審査が完了します。必要書類の提出方法は下記の3種類です。

  • インターネットからアップロード
  • 店舗(自動契約機・店頭窓口)
  • 郵送

即日融資を受けたい方は、パソコンやスマートフォンで送ることをおすすめします。郵送はプロミス側に届くまで1〜2日程度かかるので、素早い審査を受けることができません。

  • アップロードした写真が暗い
  • 画像がブレて読み取れない

再提出を求められることのないように丁寧に写真撮影をしましょう!

また、申込み内容に誤りがあると、事実確認をするために審査が遅れてしまう可能性も高くなります。
急いでいるときこそ、申込み時には落ち着いて必要事項を記載しましょう。

審査から契約・借入れ

プロミスは申込者から提出された書類と申し込み情報を参考に返済能力を審査します。

  • 申し込み情報に虚偽の記載はないか?
  • 希望融資額を貸した場合に返せる能力はあるのか?
  • 申込者は本人なのか?

これらの項目を最終チェックして問題がなければ契約に進みます。

インターネットを通して申し込んだ場合はメールで融資額や金利、返済期日を確認して契約します。
契約終了後、書類が返送されたらキャッシングが可能になります。

プロミスの審査時間は最短30分

プロミスの魅力は審査時間が最短で30分で終わることです。
審査時間を早めるためにはあらかじめ必要書類を揃えておく必要があります。

また、下記のような日時は審査が混雑するので避けましょう。

  • 金曜日や月末
  • お昼の時間帯(11:00〜)
  • ゴールデンウィークなどの長期休暇の前

インターネットでは24時間365日でカードローンの申し込みができますが、審査は営業時間内に行われるので、早朝や深夜に申し込みをすると最短30分審査は受けられません。

プロミスは当日に申し込まれた順に審査を始めるので、お急ぎの方は営業開始前や前日の夜に申し込みをしておくとスムーズですよ。

プロミスから審査結果が届かない理由

最短30分審査というスピードを売りにしているプロミスですが、平均的に1時間程度かかるようです。それでも審査結果が届かない場合は下記のような理由が挙げられます。

  • 他社のカードローンを利用している
  • 審査結果が迷惑フォルダに振り分けられている
  • 在籍確認などの連絡が取れていない

プロミスなどの消費者金融業者でも借入れをしている場合は、総量規制の関係から慎重に審査をする必要があります。

申込者がカードローンを利用している情報は、信用情報機関に情報開示を求めるとわかることなので、「他社のカードローンは利用していない」と、虚偽の記載をしてもバレるので注意しましょう。

また、職場への在籍確認が取れないと、次のステップに進むことができないので、審査が中断されます。

プロミスのカードローン審査をする前の注意点

プロミスのカードローン審査に申し込む前に下記の2つのポイントをおさえておきましょう。

  • 借入れや返済の利便性を確認
  • ブラックリストの確認

借入れや返済の利便性を確認

プロミスだけではなく、カードローンを利用する場合は借入れと返済の利便性を重視しましょう。
コンビニATMなどで手続きができると、借入れも返済もラクになります。

瞬フリを利用すると最短10秒で借り入れ可能

プロミスは下記の4つの方法で借り入れをすることができます。

  • インターネット
  • 電話
  • 店舗
  • ATM

上記の借り入れ方法の中でもスマートフォン・パソコンからプロミスのページにログインをして、瞬フリキャッシングを利用すると最短10秒程度で指定の口座に借入金を振り込むことができます。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行

プロミスでは上記の銀行と提携しており、振込手数料無料24時間振込可能という利便性を誇っています。

返済日は自分の都合で選べる

プロミスの返済期日は、5日・15日・25日・末日から選ぶことができます。口座振替もできるので、返済期日を忘れても自動的に引き落とされるので安心です。

また、上記でご紹介した提携ATMから返済できるので、夜遅くなっても近くのコンビニで返済もできます。

ブラックリストの確認

トラブルや自己破産などによってブラックリストに載っていると、申し込みができても審査に通ることはありません。

ブラックリストに載っていることを知らずに複数社に借り入れ申し込みをすると更に印象が悪くなるので、過去にトラブルを起こした自覚のある方は、信用情報機関に問い合わせて見ましょう。

万が一、ブラックリストに登録されていた場合はブラックリストになっている期間内は間違いなく他社のカードローンは利用できません。

信用情報は貸金業者側も調べることができるので、ブラックリストに登録されているときはカードローンではなく別の手段を使ってお金を借りましょう。

ブラックリストに登録されているときはどうやってお金を借りればいいのですか?

銀行カードローン、信販カードローン、消費者金融カードローンからお金を借りることはできませんので、方法としては質屋か家族や友人からとなります。

質屋であれば利用者がブラックかどうかを問うことはありません。家族や友人からお金を借りる際は後々トラブルにならないようにしっかりとお金が必要な経緯等を説明し、同意を得ることが大切ですよ。

この記事のまとめ

プロミスのカードローン審査の落ちやすい人・有利になる人の特徴などをご紹介しましたが、どちらも共通して言えることは「返済能力」と「信用」を審査されているということです。

現在の職業に関係なく、プロミス側は「安定してお金を返してくれる人」だけにお金を貸したいと思っているので、確実に審査に受かりたい方は、総量規制などを考慮して融資希望額を少なめに設定しておきましょう!

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE

融資スピードが爆速!急いでいるときの
プロミスのカードローン

プロミス公式サイト
おすすめポイント
  • 完全Web完結、郵送なしで誰にもバレない
  • 審査最短30分、最短1時間の融資
  • カード不要!スマホアプリで借入れOK
  • 初めての方は30日間利息0円!

審査時間最短30分と早く、即日融資も可能。金利は4.5%~17.8% でご利用限度額は最大500万円 。初回の借り入れでは、30日間何度利用しても無利息!申し込み条件は20歳~69歳。web完結・郵送物なし・カードレスでの振込なので、家族や職場にバレにくい。

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

金融分類 消費者金融
限度額 500万円
金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短で即日融資
申込み条件

・満20歳以上69歳以下の方
・定期的な収入(パート・アルバイト含む)と 返済能力を有する方

申込み方法 公式ホームページから申し込み ・店頭で申込み
借り入れ方法

・インターネットバンキング
・口座振替
・店頭窓口
・ATM
・コンビニ端末(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

返済方法

・インターネットバンキング
・口座振替
・店頭窓口
・ATM
・コンビニ端末(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選

目的別にカードローンを比較