先生 うさたん
先生 うさたん

セブン銀行カードローンにはどんな特徴がある?注意点もあわせて解説

丸わかりカードローン
  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

セブン&アイ・ホールディングスの一員であるセブン銀行では、カードローンを提供しています。インターネット環境があればパソコン、スマートフォンでカードローンへの申し込みが可能です。

セブン銀行はコンビニATMでおなじみですが、カードローンについてはよく知らないという人は多いのではないでしょうか。

本記事では、セブン銀行カードローンにある様々な特徴について分かりやすく解説していきます。注意点もあわせて解説していくため、気になる人は本記事を参考にしてくださいね。


セブン銀行のカードローン

おすすめポイント

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

金融分類 ネット銀行
限度額 50万円
金利 15.0%
審査時間 条件による
融資スピード -
申込み条件

・当行口座を持っていること
・年齢20歳以上70歳未満であること
・保証会社アコムの保証が受けられること
・外国籍の場合は永住者であること

申込み方法 ・公式ホームページから申込み
借り入れ方法

・インターネット
・セブン銀行ATM

返済方法

・口座振替
・インターネット
・セブン銀行ATM

即日融資リミット

向いている人

セブン銀行カードローンは、50万円までの少額融資を受けたい人に向いているローンサービスです。審査の際に勤務先へ連絡されると困るという人にも向いています。当行口座をすでに持っている人は、申し込みがスムーズです。

向かない人

セブン銀行カードローンを利用できるATMはセブン銀行のみとなります。そのため、他金融機関や他コンビニ提携ATMでは利用できません。最寄りにセブン銀行ATM(セブンイレブンなど)がない人は不便に感じる可能性があります。

セブン銀行カードローンにはこんな特徴がある

セブン銀行カードローンの限度額、金利、借り入れ単位などの特徴は次のとおりです。当行口座を持っている人も持っていない人も注目。

限度額50万円までの少額融資向け

セブン銀行カードローンでは、10万円・30万円・50万円の限度額コースを用意しています。他社カードローンのように300万円、500万円、800万円などの高額な限度額コースはありません。

最高でも50万円の限度額コースとなるため、少額融資向けのカードローンとなっています。

一律年15.0%の金利

セブン銀行カードローンの金利は、10万円・30万円・50万円の限度額コースで一律年15.0%です。他社カードローンでよく見られる最小金利~最大金利というしくみはありません。

最小金利~最大金利のカードローンだと審査によって限度額と金利が決まるため、どの金利が設定されるのか分かりにくいです。

セブン銀行カードローンなら一律のため、どの金利になるのか分かりやすくなっています。変動金利を採用しているため、状況に応じて変更する可能性があります。
最新の金利情報を公式サイトで確認しておきましょう。

専用ローンカードの発行なし

セブン銀行カードローンは専用ローンカードなし、当行キャッシュカードで取引するタイプのカードローンです。カードの枚数が増えないのがメリットの一つとなっています。

24時間365日借り入れできる

セブン銀行カードローンでは、次の方法で借り入れできます。

 セブン銀行ATM
 セブン銀行ダイレクトバンキング

2つの借り入れ方法ともに原則24時間365日対応です。銀行の窓口だと平日15時には閉まってしまいますよね。

セブン銀行カードローンなら平日15時以降はもちろんのこと、土日祝でも早朝や深夜でも借り入れ可能です。

ダイレクトバンキングサービスなら1円以上1円単位

セブン銀行ATMの借り入れ単位は1,000円ですが、ダイレクトバンキングサービスでは1円以上1円単位です。

端数の出る借り入れも可能なカードローンとなっています。必要な分だけ借り入れし、利息を抑えたい人にピッタリ。

毎月5,000円からの返済

カードローンでは毎月の返済のことを「約定返済」と呼んでいます。約定返済日に約定返済額を毎月返済するというしくみです。セブン銀行カードローンの約定返済額は次のとおり。

限度額 約定返済額
10万円 5,000円
30万円 10,000円
50万円 10,000円

10万円の限度額なら毎月5,000円の返済です。毎月一定額のため、分かりやすい返済ができるカードローンとなっています。

毎月の返済は当行口座からの引き落とし

毎月の約定返済は当行口座からの自動引き落としとなります。毎月27日となる約定返済日までに、当行口座へ入金しておきましょう。

また、次の方法で任意返済(一部/全額)できます。

 セブン銀行ATM(現金は1,000円単位/当行口座からの振替は1円単位)
 ダイレクトバンキングサービス(1円単位)

任意返済も原則24時間365日対応です。早く完済したいときは任意返済を行うと良いでしょう。

毎月自動入金サービスを利用できる

毎月の約定返済に便利なのが、セブン銀行の毎月自動入金サービスです。他行口座から当行口座へ、毎月一定額を自動的に入金するサービスとなります。

他行口座からの引き落としは毎月26日、当行口座へ入金されるのは5営業日後です。セブン銀行カードローンの約定返済日は前述したとおり毎月27日となります。

今月分のカードローンの約定返済には入金が間に合いませんので、翌月分の約定返済に回しましょう。

借り入れ・返済時の手数料は無料

ATMを利用する際に気になるのが手数料ではないでしょうか。カードローンによっては110円(税込)、または220円(税込)のATM手数料が発生することがあります。

しかし、セブン銀行カードローンでは借り入れ時も返済時もATM手数料がかかりません。ダイレクトバンキングサービスでも手数料無料で借り入れ・返済できます。

当行口座なしでも同時申し込みできる

当行口座を持っている方は、ダイレクトバンキングサービスよりカードローンへ申し込みできます。当行口座なしの方でも、カードローンと口座開設の同時申し込みが可能です。

デビット付きキャッシュカードで口座開設すると、加盟店でのショッピングにも使えて便利。ショッピングでnanacoポイント(還元率0.5%)も貯まりますよ。

原則勤務先への電話連絡なし

カードローンの審査では、勤務先へ在籍確認の電話をかけることが多いです。しかし、セブン銀行カードローンの審査では、原則勤務先への連絡はありません。

勤務先の人に知られたくないという場合でも、連絡なしなら申し込みしやすいですよね。

※状況しだいでは勤務先へ電話連絡あり

セブン銀行カードローンの注意点

次からは、セブン銀行カードローンにある注意点について解説していきます。申し込みする前に注意点を把握しておきましょう。

高額融資は受けられない

以前のセブン銀行カードローンには70万円・100万円の限度額コースがありました。しかし、現在では受付中止となっています。

限度額コース70万円・100万円への増額も受付中止です。そのため、高額融資は受けられないカードローンとなっています。

50万円以上の借り入れを希望している方は、他社カードローンへ申し込みしましょう。

毎月の最低返済額が高め

セブン銀行カードローンでは毎月の約定返済額が最低5,000円です。他社カードローンでは、毎月最低1,000円や2,000円で返済できるものが見られます。

毎月少なめで返済したいという人は注意してください。

当行口座が必須

セブン銀行カードローンを利用するには、当行口座が必須です。他行口座のみの方は新規開設が必要になります。

同時申し込みした後、カードローンの審査に落ちてしまっても当行口座の開設は可能ですが、再度手続きしないといけません。

審査結果が出るまで2~4営業日ほどかかる

以前は即日審査に対応する銀行カードローンがよく見られました。しかし、現在では即日審査ができなくなっています。

銀行カードローンが反社会的組織の資金源にならないよう、2018年より警察庁へのデータベース照会が必要になりました。

照会結果が得られるまで期間がかかるため、銀行カードローンの審査は数日ほどかかります。

セブン銀行カードローンの審査では、結果が出るまで2~4営業日ほどが目安です。最短でも2営業日かかるため、即日審査・即日融資を受けたい人は注意してください。

保証会社アコムの保証が必要

セブン銀行カードローンの審査に通過するには、保証会社アコムによる保証が必要です。アコムの保証が受けられない人は、残念ながら利用できません。

アコムは保証会社でもあり、消費者金融会社でもあります。アコムカードローンの審査に落ちた人が、セブン銀行カードローンへ申し込みしても通過は厳しいでしょう。

アコムカードローンへの返済遅延がある人も、審査が不利になる可能性大です。

ダイレクトバンキングサービスの利用開始登録が必要

セブン銀行カードローンへ新規申し込み後、ダイレクトバンキングサービスより借り入れするには利用開始登録が必要です。初回ログオン・ご利用開始登録のページにアクセスし、店番号や口座番号、電話番号などを入力してください。

すでに当行口座を持っている人なら、利用開始登録は不要です。

申し込みから借り入れスタートまでの流れ

セブン銀行カードローンと口座開設の同時申し込みから借り入れスタートまでの流れは次のとおりです。

1. 新規口座開設申込ページよりメールアドレスを登録する
2. メールが届いたら申込手続きページの必要事項に入力する
3. 審査結果がメールで届く
4. キャッシュカードが届いたら受け取りする
5. ダイレクトバンキングサービスの利用開始登録を行う
6. 契約手続き完了のメールが届く
7. 借り入れスタート(ATM・ダイレクトバンキングサービス)

すでに当行口座を持っている人は審査結果と契約手続き完了のメールが届きしだい、借り入れスタートとなります。

申し込み時に必要な書類

次の書類をセブン銀行カードローンへ申し込みする際に準備しておきましょう。

本人確認書類が必要

セブン銀行カードローンでは当行口座の同時申し込み時とキャッシュカード受け取り時に本人確認を行っています。本人確認を行う主な書類は次のとおりです。

 運転免許証
 パスポート
 マイナンバーカード
 健康保険証など

同時申し込み時はアップロードで提出できます。キャッシュカード受け取り時は配達員に提示してください。

収入証明書類は不要

カードローンによっては、限度額50万円超で収入証明書類が必要になります。しかし、セブン銀行カードローンの限度額は最高でも50万円という関係上、収入証明書類は不要です。

この記事のまとめ

セブン銀行カードローンは限度額最高50万円、金利一律15.0%のローンサービスです。最寄りのセブン銀行ATM、またはダイレクトバンキングサービスより24時間365日借り入れできます。

当行口座をすでに持っている人は、いつものキャッシュカード、いつものセブン銀行ATMで取引可能です。当行口座を持っていない人は、本記事を参考にしながらカードローンとの同時申し込みを行ってみてくださいね。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする


セブン銀行のカードローン

おすすめポイント

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

金融分類 ネット銀行
限度額 50万円
金利 15.0%
審査時間 条件による
融資スピード -
申込み条件

・当行口座を持っていること
・年齢20歳以上70歳未満であること
・保証会社アコムの保証が受けられること
・外国籍の場合は永住者であること

申込み方法 ・公式ホームページから申込み
借り入れ方法

・インターネット
・セブン銀行ATM

返済方法

・口座振替
・インターネット
・セブン銀行ATM

即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

目的別にカードローンを比較