先生 うさたん
先生 うさたん

【ファクタリングとは?】売掛金を期日前に現金化するメリット・デメリット!

公開日:

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

「すぐにお金が必要で銀行融資を待っている時間はない」
「銀行審査に落ちてしまい、お金がない」
「突発的な大きな仕入れがあり、売掛金回収より先に仕入れ資金の支払期日がきてしまう」
「予定していた入金が遅れていて、給与支払いのためにすぐにお金が必要」
「手形の期日を忘れていて、今日中に入金しないと不渡りになってしまう」
企業を経営していれば、このような経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか?

すぐにお金が必要な時や、銀行の審査に通過できない時の資金調達方法としてファクタリングという方法があります。
ファクタリングとは、売掛債権を期日前に資金化する方法です。
銀行融資に代わる新たな資金調達方法として広がりつつありますが、まだまだ知名度が低いのも事実です。

ファクタリングはメリット・デメリットがありますが、ここぞ!という場面では非常に有効な調達チャネルと言えます。いざという時の手段として確保しておいて損はありません。

  1. アイフル

    アイフル公式サイト
    おすすめな理由
    • 完全Web完結・郵送なしで誰にもバレない
    • 最短30分審査、即日融資が可能
    • カード不要!スマホ借入れが便利
    • 初めての方は30日間利息0円!

    ※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。
    SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
    ※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

    限度額 金利 審査時間
    最高800万 3.0%~18.0% 最短30分
    即日融資リミット
  2. アコム

    アコム公式サイト
    おすすめな理由
    • 安定収入で学生・パートもOK!
    • 最短審査30分、土日祝日も即日融資OK!
    • Web完結・来店不要が便利!
    • 初めての方は30日間金利0円!

    ※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。
    SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
    ※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

    限度額 金利 審査時間
    800万円 3.0%~18.0% 最短30分
    即日融資リミット

ファクタリングとは?

まずはファクタリングの概要について分かりやすく解説していきます。

売掛債権を売却して早期に資金化すること

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社に売却して、期日前に資金化する方法です。
売掛債権とは主に企業が商品等を販売し、先方からの入金を待っている状態(いわゆる売掛金)を言います。
通常、売掛金は期日になるまで資金化することはできません。

ファクタリングを利用すると、期日前の売掛債権をファクタリング会社が買い取ってくれます。

例えば1ヶ月先に入金予定の売掛債権を売却することで、1ヶ月早く資金調達をすることができます。

ファクタリングには2社間と3社間がある

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

  手数料 売掛先の同意 代金の支払い 資金化までの時間
2社間 20%程度 不要 自社がファクターへ送金 最短即日
3社間 5%程度 必須 売掛先がファクターへ送金 1週間程度

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と自社だけで契約する取引です。
売掛金の期日になると、売掛先は自社に資金を支払い、自社がその資金をファクタリング会社へ送金します。

売掛先の同意を得る必要がないので売掛先に秘密にすることができ、最短即日で資金化することも可能です。

一方、 3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と自社と売掛先で契約する取引です。
売掛金の期日になると、売掛先企業がファクタリング会社へ直接支払いを行います。
よって、売掛先の同意が必要になるため売掛先に秘密にすることはできません。

2社間ファクタリングのように自社に資金が経由しないので、資金流用の恐れがなく、ファクタリング会社のリスクが低いことから2社間ファクタリングと比較して手数料は低くなります。
ただし売掛先の同意取得に時間がかかるので、資金化までには1週間程度の時間がかかります。

売掛債権期日にファクタリング会社へ支払いを行う

ファクタリングでは売掛債権の期日になったらファクタリング会社へ支払いを行います。
2社間ファクタリングでは自社がファクタリング会社へ支払いを行い、3社間ファクタリングでは売掛先がファクタリング会社へ支払い回収完了となります。

安心・安全のファクタリング会社6選

ファクタリング会社は無数に存在します。
そこで、おすすめの安心できるファクタリング会社を6社紹介します。

  ビートレーディング 資金調達ペイ OLTA ベストファクター 日本中小企業金融サポート機構 アクセルファクター
利用額 最大3億円 なし なし 30万円以上 なし 最大3,000万円
手数料 2社間:10%〜20%
3社間:1%〜9%
3.0%〜8.0% 2%〜9% 2%〜20% 2社間:10%〜15%
3社間:1%〜9%
2%〜20%
入金スピード 最短12時間 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日
取引形態 2社間・3社間 2社間・3社間 2社間のみ 2社間のみ 2社間・3社間 2社間・3社間
個人事業主の利用 可能 可能 可能 可能 可能 可能

ファクタリング会社の中には個人事業主への取り扱いを行なっていない会社も多いですが、ご紹介したファクタリング会社は全て個人事業主にも対応しています。
「法人ではないからファクタリングはできない」と諦めていた人も、ファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょう?

安心できるファクタリング業者の選び方

無数にあるファクタリング会社の中から安心できる業者を選ぶためにはどうすればよいでしょう?
安心できる業者を選ぶためのポイントは以下の2つです。

  • ネットの口コミを参照する
  • 複数業者から見積もりをとる

それぞれの方法について詳しく解説します。

ネットの口コミ

ネットの口コミは必ず参考にするようにしましょう。
名前を聞いたことがない業者は法外な手数料を設定する悪徳業者の可能性もあります。
まずは知恵袋などで口コミをチェックし、以下のような口コミがあれば安心できると考えてもよいでしょう。

私は以前、ビートレーディングという会社を利用したことがあります。
初めて利用する場合、確かに悪徳業者の存在がとても気になりますよね。

私の場合は口コミと実績をしっかり調べました。多くの口コミと実績があれば少なくとも詐欺をするような会社でありませんので。

あと調べてみると色々なサイトで各ファクタリング会社の実績や取引額の上限なども紹介しているのでそういったのも参考にしてみるとよいかもしれません。

http://www.begin-factoring.net/company/

引用元:教えて!goo

1年目で資金調達とは大変そうですね。

質問主さんの希望に沿えられるかはわからないですが、私も売掛の兼ね合いでこちらの会社さんにファクタリングを依頼しました。
https://accelfacter.co.jp/lp/?code=yc

特に私の場合は金額も大きくなかったのもありましたが、対応も早く翌日に入金もしていただけて助かりましたね。

何より、早急なお願いだったにも関わらず経営状況への改善策もくださり、とても誠実な対応を頂けた印象が残っています。

ファクタリングをやっている会社さんはピンキリなので、しっかりとしたところを選んだ方が良いですよ。

ちなみに手数料も何社か比較をしたんですが一番安かったですし、何よりもこちら側としては急いでいるからこそファクタリングって事を理解している業者が少なかったので、ここを見つけた時は本当に助かりました。

私は東京の会社で、こちらも東京のファクタリング会社さんでしたが、全国対応とも書いてあるので一度問合せみるのも早いかも知れないですね。

引用元:YAHOO!JAPAN知恵袋

どこでもいいのですが例えばピーエムジーというファクタリング会社を調べてみてください

ファクタリング業界では中堅~大手クラスですからすぐに見つかると思います

そこには代表者の氏名や会社の住所、設立された年など細かい企業情報が明記されているはずです

こういった企業情報をきちんと開示しているようなファクタリング会社は信用してもいいでしょう

中には細かい情報を開示していないファクタリング会社もありますが何か隠さなければならない理由でも?と気になりますね

しっかりと個人情報の取り扱いについてホームページなり何なりにきちんと明記されているところを選ぶようにすればいいでしょう

引用元: YAHOO!JAPAN知恵袋

このように、口コミで名前が挙がっている業者は悪い業者ではないと考えられます。
ただし、手数料が高いことは間違いありませんので、できる限り手数料の低い業者を探すようにした方がよいでしょう。

複数業者から査定をとる

悪徳業者を見抜く確実性の高い方法が、複数の業者から査定(見積もり)を取ることです。
優良業者と比較して悪徳業者は売掛債権のリスクに見合わないような高い手数料を設定します。
そこで、複数の業者から見積もりを取ることで、高額な手数料を設定する悪徳業者を見分けることができます。

初めて取引をする業者と取引をする前には複数の業者から見積もりを取り、手数料が最も低い業者と取引をするのがよいでしょう。

急ぎの場合、複数社から見積もりを取る時間がないときはどうすればよいですか?

それであれば、スピード重視でビートレーディング、手数料で資金調達ペイとOLTAが有力です。
見積もりを見て、最終判断すれば間違いがありません。

ファクタリングは自分でも利用できる?

「ファクタリングなんて、何億円も売上があるような大企業でないと利用できないのではないの?」
「自社は業況が悪いからきっとファクタリングの審査も通らない」
このように考えている人も多いのではないでしょうか。
ファクタリングは売掛債権さえ持っていればどんな企業でも利用することができます。

ファクタリングは売掛債権さえあれば利用可能

ファクタリングとは売掛債権を売却することです。
売却後にファクタリング会社へ支払いをするのは売掛先企業ですので、自社の業況が悪くても売掛先企業の業況にさえ問題なければ審査に通過できる可能性は高いです。
売掛債権さえ持っていれば利用できる可能性は高いので、「銀行融資を断られた」という企業でも利用を検討することができます。

法人なら確実にファクタリングが利用可能

法人が優良企業の売掛債権を持っていれば確実にファクタリングで資金調達することができます。
ファクタリングは原則法人向けの資金調達方法で、個人事業主は法律上の問題によって利用できないケースもあります。

個人事業主の場合も利用できないんですか?

現状はできない場合があります。個人事業主は債権譲渡登記ができないからです。ただ、2020年に120年ぶりに民法の債権法が改正見込みですので、債権譲渡に関しての規制が緩和され個人事業主でも利用できるようになると思いますよ。

改正までの間は、個人事業主の売掛債権でも買い取ってくれるファクタリング会社を利用するとよいでしょう!

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットは主に以下の3つです。

  • 売掛先の信用で資金調達できる
  • 即日資金化可能
  • 売掛先に秘密にできる

ファクタリング3つのメリットについて詳しく解説していきます。

売掛先の信用で資金調達できる

ファクタリングで主に審査されるのは、自社ではなく売掛先です。
ファクタリング会社にとって債務者は売掛先企業になるので、「売掛先企業に支払能力があるか」がポイントになります。
例えば業況が悪化して、銀行の審査に通過できない企業でも優良企業の売掛債権さえあれば資金化することが可能です。

即日資金化可能

2社間ファクタリングは最短即日で資金化することができます。
銀行融資が最短でも1週間程度かかることと比較すると大きなメリットです。
「取引先から入金が遅れる連絡が入った」
「手形の決済が今日だったことを忘れていた」
このように緊急でお金が必要になった場面でも最短即日で対応できるファクタリングは重宝します。

売掛先に秘密にできる

2社間ファクタリングであれば売掛先に秘密で資金調達することができます。
2社間ファクタリングは売掛先の同意を取得する必要がないためです。
取引先の中には「ファクタリングを利用するということは資金繰りが相当厳しくなっている」「売掛金の期日すら待てないほどお金がないのか」などと、ファクタリングをしていることによって自社の印象を悪くしてしまう会社も少なくありません。
今後の取引に悪影響を及ぼす可能性もあります。

2社間ファクタリングであれば、売掛先に秘密で取引ができるので、取引先との関係性を壊すことなく資金調達が可能です。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットは手数料が高いということに尽きます。
企業経営に重宝するファクタリングですが、手数料は確実に収益を圧迫するので十分に注意しましょう。

手数料が高い

ファクタリングの手数料は2社間であれば20%、3社間であれば5%というのが相場です。
1ヶ月先の売掛債権を2社間ファクタリングで売却した場合には、月利20%ということですので、年利は240%になります。
1ヶ月先の売掛債権を3社間ファクタリングで売却した場合には、月利5%ということですので、年利は60%になります。

これは、借入の上限金利を定めた利息制限法の金利よりも明らかに高い利率になります。

  • 10万円未満:20.0%
  • 10万円以上100万円未満:18.0%
  • 100万円以上:15.0%

銀行融資はもちろん、ビジネスローンや消費者金融カードローンよりも高い負担を強いられるというのがファクタリングの大きなデメリットです。

ただし、ファクタリングは自社の業況が悪くても資金調達できる有効な手段です。
自社の業況があまりにも悪いとノンバンクのビジネスローンすら借りることができません。
どうしてもどこからも資金調達できない場合や、即日でお金が必要な場合などの場面では、高い手数料を負担しても有効活用できる方法としてファクタリングという手段を頭に入れておいた方がよいでしょう。

この記事のまとめ

ファクタリングとは売掛債権を売却して期日前に資金化する方法です。
売掛先の信用で審査を受けることができるので業況の悪い企業でも資金調達できるという点と、即日資金化できるというのは大きなメリットです。
ただし手数料負担はローンよりも高くなるので、本当に困った時に利用するなどコスト負担も考えながら活用するようにしてください。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

目的別にカードローンを比較