先生 うさたん
先生 うさたん

在籍確認なしのカードローン!職場への電話連絡なしで審査に通る方法

カードローンの在籍確認

/公開日:2019年8月29日

「在籍確認」は、カードローン申込者にとっては心配ごとの1つです。
この在籍確認をしないカードローンの情報が、ネット上には多数紹介されています。

しかし、「在籍確認なしカードローン」とは、文字どおり「在籍確認をしないカードローン」ではありません。

WEB完結での申込であれば、電話での在籍確認がないカードローンといえば、モビット!

そもそも、在籍確認ってなに?

「在籍確認」とは、カードローンやクレジットカードの利用申込みをしたとき、申込者が記入した勤務先へ本人が本当に勤めているかどうかを各カードローン会社が確認する手続きです。

この在籍確認によって「勤務していない会社名を記入している」「存在しない勤務先を記入している」といったことが明らかになると、申込者の審査はそこで中止されます。

ここでは、カードローンの在籍確認について解説していきます。

カードローンの審査で行われる在籍確認とは?

カードローンの審査では、必ず在籍確認が行われます。これがカードローンの審査における大原則です。

在籍確認とは、カードローン会社が利用申込者の申告(申込書に記入)した勤務先へ電話をする手続きを指します。
申込者が申告した勤務先に電話をかけることで「申込者の勤務先が存在し、申込者がそこに在籍しているかどうか」を確認するものです。

なお、在籍確認の電話は、銀行および銀行系カードローンでは「保証会社」、消費者金融系カードローンは「消費者金融会社」の担当者から申込者の勤務先にかかってきます。

在籍確認は、次の4点を確認しています。

  • 申込者が実在している人物か
  • 勤務先として申告された会社や組織が、申告どおりの所在地に存在しているか
  • 申込者が本当にそこに在籍しているか
  • 申込み時に申告した事項に変化や変更はないか

このような目的で行われてきた在籍確認ですが、「申込みから融資までの時間短縮」がカードローンのセールスポイントになってきたため、在籍確認の目的や方法が変化しています。

なぜ在籍確認が必要なの?

借金をするカードローン会社から勤務先に電話がかかってくるのは、気分のいいものではありません。

そのことは、カードローンを提供するカードローン会社側でも十分に知っています。
それなら在籍確認をやめてしまえばいいようなものですが、そうはいかないのが現実です。

自分自身の立場を、融資をするカードローン会社に置きかえて考えてみてください!
初めて出会った人から「必ず返済するから、1年間だけ20万円貸してほしい!」と頼まれたら、あなたは無条件で貸してあげますか?

「身元が分からない、返済する収入があるかどうかもわからない」といった見ず知らずの人に金銭を貸付けることは、誰もしないでしょう。

カードローン会社も同じです。
カードローンの利用を申し込む際には、申込書に氏名・年齢・住所・年収などのほか現在の勤務先についての情報も記入し、審査を受けなければなりません。

このカードローンの審査で重視されるのは、申込者の「信用度(借金の返済履歴)」と「返済能力(収入の安定度と金額)」です。
そのこともあって、多くの申込者の中には、審査で有利になるよう「返済能力」を高く見せるためのウソを記入する人がいます。

近ごろは少なくなったと言われていますが、「勤務先に一流企業名を記入」「無職でも勤務先を記入」「実際よりも高額な年収を記入」といった申込者が今でもいます。

ウソの申告は勤務先に電話を入れるだけですぐにわかるので、電話による勤務先への在籍確認が必要です。

ちなみに、カードローン会社のなかでもとくに消費者金融が在籍確認をしているのは、『貸金業法』という法律の存在にも関係しています。

消費者金融には貸金業法の第13条で「返済能力の調査」、第13条の2には「過剰貸付け等の禁止」が義務づけられており、その定めを守るためにも在籍確認をしなければならないのです。

在籍確認のメリット・デメリット

在籍確認は、あくまでもカードローンの審査の一部として行われますので、メリットやデメリットに関係なく、各カードローン会社は在籍確認を実施しますし、申込者は在籍確認を受ける必要があります。

在籍確認のメリットやデメリットは次の通りです。

カードローン会社 申込者
メリット ・申込者の返済能力を確認できる。
・申込者のウソの申告を見破れる。
・不適格者への融資を避けられる。
・貸倒れリスクをある程度削減できる。
・在籍確認をクリアできれば、返済能力ありと判断される。
デメリット ・手間と時間がかかる。
・個人情報保護が厳守され、在籍確認の困難な会社が増加している。
・成りすまし申込者の判断が困難
・会社の人にバレる可能性がある。
・会社に電話対応してもらう必要がある。
・個人情報保護を厳守する会社では、電話をつないでもらえない。
・対応を誤ると審査をクリアできない。

在籍確認の「流れ」と「聞かれる内容」を知っておこう!

在籍確認の電話では、各カードローン会社が独自に作成したマニュアルにそって申込者にいくつかの質問が行われますが、聞かれる内容はほぼ同じです。

在籍確認の「流れ」

在籍確認の電話には、次のような特徴があります。

・電話がかかってくるのは。申込者が勤務先として申告した会社の固定電話
・電話をしてくるのは、銀行系カードローンは保証会社・消費者金融系カードローンは消費者金融会社の担当者
・電話をかける際は、原則として個人名(銀行の場合は銀行名で電話をかけることが多い)を使用
・電話のタイミングは、多くのカードローン会社では審査の最終段階または審査終了後

審査の流れは、次のとおりです。(各カードローン会社によって違いがあります)

ステップ1:申込みを受け取ると仮審査を行い、申込書類だけで一定レベル以上の申込者だけを選びだす。

ステップ2:申込者の連絡先や申込書の記載内容を確かめるため、仮審査後に「本人確認」の電話をかける。

ステップ3:申告した連絡先(携帯でも問題なし)に「個人名(銀行の場合は銀行名)」で電話をかける。

ステップ4:申込書類と本人確認にもとづき、個人信用情報機関に申込者の信用情報を照会する。

ステップ5:信用情報に問題がなければ、審査の最終ステップとして在籍確認をする。

ステップ6:審査結果を申込者に通知する。

※ カードローン会社によって、在籍確認を行ってから審査結果を決定する場合や在籍確認以外の審査をクリアした申込者だけを対象に在籍確認を行う場合などがあります。

在籍確認について予め伝えておきたいことがあるときはいつ伝えたらいいのかニャ?

本人確認の電話を利用して担当者やオペレーターに伝えればOKです。
担当者やオペレーターは親身になって相談に乗ってくれますし、柔軟な対応策を提案してくれることもありますよ。

在籍確認で「聞かれる内容」

カードローンの利用申込書に事実だけを記入した申込者は、在籍確認で何を聞かれるかといった心配は必要ありません。

というのは、在籍確認の電話は、「申込書に書いた勤務先が存在しているかどうか」「その勤務先で、申込者が本当に働いているかどうか」だけを知るためのものでしかありませんし、大手のカードローン会社の場合は、「はい、そうです」と答えるだけの1分程度で終わる手続きだからです。

ここでは、在籍確認での具体的な電話内容を、「申込者が在席している場合」と「申込者が不在の場合」に分けて紹介します。

【申込者が在席している場合】

勤務先の人「はい、○○会社の××課でございます」

カードローン会社「わたくしは田中と申しますが、猫田さんはいらっしゃいますか?」

勤務先の人「はい、少々お待ちください。」

申込者「お電話かわりました。猫田です。」

カードローン会社「わたくしは田中と申しますが、猫田三郎様でしょうか?」

申込者「はい、そうです。」

カードローン会社 「個人名で失礼しました。わたくしは◎◎ローンの田中でございます。
この度は〇〇ローンにお申し込みいただき、ありがとうございました。
このお電話で在籍確認がとれましたので、これで失礼いたします。
ありがとうございました。」

申込者「ありがとうございました。」

【申込者が不在の場合】

勤務先の人「はい、○○会社の××課でございます」

カードローン会社「わたくしは田中と申しますが、猫田さんはいらっしゃいますか?」

勤務先の人「猫田はただいま席を外しております。」

カードローン会社「分かりました。それではまたあらためてお電話させていただきます。」

在籍確認の電話内容の注意点は下記の通りです。

  • 電話は個人名、番号非通知でかかってきます。ただし銀行の場合、基本的には銀行名を名乗ります。
  • カードローン会社によっては、住所や生年月日を尋ねることがあります。
  • 申込者が不在であっても、「外出している」「今日は休んでいる」など返事の内容から在籍していることがわかれば、それで在籍確認は終了です。
  • 勤務先への電話では、長話をすることはありません。

「在籍確認なし」のカードローンとは?

HP等では「在籍確認のないカードローンは提供されていません」と記載されていますが、ネット上の一部の記事や街中の張り紙・看板などでは、「在籍確認なしのカードローン」という表現を見かけるのはなぜでしょうか?

「在籍確認なし」は「在籍確認をしない」ということではない

「在籍確認」とは、カードローン会社が申込者に次の4点を確認します。

本人確認 電話の相手が申込者本人かどうか
会社確認 申告された会社が申告どおりの所在地に存在しているかどうか
在籍確認 申込者が本当にそこに在籍しているかどうか
申告内容確認 申込み時に申告した内容に変化や変更はないかどうか

「在籍確認なし」が文字どおりだとすると、上に示したような確認を全くしないということになります。
しかし、そうした在籍確認なしでカードローンの利用を認めるようなカードローン会社は存在しません。

「在籍確認なし」とは「在籍確認をしない」ということではなく、「勤務先への電話での在籍確認をしない」ことを指します。
電話での在籍確認の代わりに、運転免許証・社員証・給与明細などの写しの提出を求め、本人確認・会社確認・在籍確認を行っています。

在籍確認の方式は「勤務先への電話」だけではない

在籍確認の方式は「勤務先への電話」だけと思っている人が多いようですが、2種類の方式のどちらかで行われています。

  • 勤務先への電話
  • 指定書類の提出

圧倒的に多くのカードローン会社では原則として勤務先への電話で在籍確認をしており、指定書類の提出を原則に在籍確認をしているカードローン会社は少ないです。

ただ、電話での在籍確認を避けたい申込者が多いことから、申込者から相談があった場合には指定書類の提出での在籍確認への変更を認めるカードローン会社が増えています。

指定書類の提出による在籍確認の場合、提出が必要な書類はカードローン会社によって異なります。

一般的には、本人確認書類と収入証明書類の2種類が必要です。

【本人確認書類】
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証:国民健康保険証(国保)は認められません。
・住基カード(住民基本台帳カー)
・マイナンバーカード
※基本的に書類は両面をコピーする必要があります。(マイナンバーカードは表面だけでOKです)
 パスポートの場合は、顔写真のページと所持人記入欄のコピーが必要です。

【収入証明書類】
・給与明細書:直近2~3か月分で、複数社から収入がある場合はすべて必要です。
・源泉徴収票:複数社から収入がある場合はすべて必要です。
・確定申告書
※借入金額が50万円以上の場合、他社と合算して100万円を超える場合に必要になります。

勤務先への電話での在籍確認を避ける方法は?

勤務先への電話での在籍確認を避けたい場合は、次のどちらかのカードローンを申し込みましょう!

  • 指定書類の提出で在籍確認をするカードローン
  • 勤務先への電話が原則であっても指定書類の提出の在籍確認への変更を認めてくれるカードローン

指定書類の提出で在籍確認をするカードローンは数社なので選択の余地はありません。
よって、勤務先への電話での在籍確認を避けるためには、勤務先への電話が原則であっても指定書類の提出の在籍確認への変更を認めてくれるカードローンに申し込むのが安全です。

では、「勤務先への電話」から「指定書類の提出」への在籍確認の変更は、どのタイミングで申し出ればいいのでしょうか?

当然、実際に在籍確認が行われる前でなければなりませんが、在籍確認を行うタイミングはカードローン会社によって異なります。

カードローン会社から本人確認と申込内容確認の電話が入るので、その際に担当者に在籍確認についての要望を相談するのがベストです。

すべての要望が聞き入れられるわけではありませんが、担当者は親身になって相談に対応してくれます。

銀行・大手消費者金融の在籍確認の運用基準

ここでは、大手の4つの銀行と5つの消費者金融ではどのような基準で在籍確認を運用しているかを、一覧表にして紹介します。

ただし、こうした基準は次々と変化していきますので、実際にカードローンを利用する際には、ホームページだけではなく担当者や相談窓口で確かめてください。

会社名 在籍確認の運用基準
三菱UFJ銀行 ・申込者の勤務先への電話で在籍確認を実施
・在籍確認のタイミングは、仮審査結果の連絡後すぐ
・「書類提出の在籍確認」には応じない
・電話の内容は、名前の確認だけ
・在籍確認の曜日や時間帯については相談に乗る
みずほ銀行 ・審査の段階で、保証会社のオリコが在籍確認を実施
・在籍確認のタイミングはオリコの審査の混み具合で前後するが、申込当日〜3営業日以内
・電話の内容は、名前の確認だけ
・「書類提出の在籍確認」に変更できる可能性はある(オリコカードのクレヒスが優良でありオリコ関連ローンで長期の返済実績がある場合の特例)
三井住友銀行 ・本審査の最終段階で、申込者の勤務先への電話で在籍確認を実施
・在籍確認を行う際は、申込者に事前連絡の電話を入れる
・電話の内容は、名前の確認だけ
・担当者に相談すれば、「在籍確認のタイミングの変更」や「勤務先への電話以外の方法での在籍確認」などの対応をするケースがある
りそな銀行 ・申込者の勤務先への電話で在籍確認を実施
・在籍確認のタイミングは、原則として仮審査結果の連絡前
・電話の内容は、名前の確認だけ
・土日であっても、在籍確認の電話をするケースがある
アイフル ・申込み後すぐに、申込者の自宅へ個人名で電話連絡
・在籍確認のタイミングは、審査の最終段階
・電話の内容は、名前の確認だけ。また、本人が離席中や休日であっても問題なし
・申込後に本人確認の電話かかってきた際に在籍確認方法の変更を相談すれば、書類による在籍確認を認めるケースがある
アコム ・原則として電話連絡による在籍確認を実施
・在籍確認のタイミングは、審査の終盤
・電話の内容は、名前の確認だけ
・事前に申込者から許可を得たうえで、勤務先に電話をかける
・申込者の「在籍確認の日時と電話連絡担当者の性別」の要望には対応
プロミス ・仮審査通過の連絡直後のタイミングで、申込者の勤務先へ電話で在籍確認を実施
・勤務先への電話は仮審査通過後に自動的にかかってくるので、事前連絡の電話はしない
・電話の内容は、名前の確認だけ
・在籍確認に関しての要望は、申込手続き完了後、すぐに担当者へ相談することが必要
・「勤務先への電話」以外の在籍確認は、原則として認めていない。しかしコールセンターへ相談すれば、変更できる可能性はある
SMBCモビット ・SMBCモビットの「WEB完結」でカードローンを申し込むと、「勤務先への電話なし」のに在籍確認の「書類による在籍確認」を受けられる
・WEB完結は一定の条件を満たす申込者しか利用できないし、さまざまな書類の提出が必要
・従来の在籍確認が「電話での在籍確認」で、この在籍確認が「書類による在籍確認」
レイクALSA ・基本的には、勤務先への電話連絡によって実施
・在籍確認は、審査通過後の契約手続中のタイミングで実施
・事前に申込者から許可を得た上で、勤務先に電話をかける。
・勤務先への電話をする前であれば、在籍確認の時間帯や担当者の性別を指定できる。
・申込後に本人確認の電話かかってきた際に在籍確認方法の変更を相談すれば、書類による在籍確認を認めるケースがある。

在籍確認についてよくある質問

ここでは、ネット上の「カードローンQ&Aコーナー」などでよく取り扱われている質問のうち、在籍確認に関する代表的なものを確認しておきましょう。

質問01:在籍確認で注意すべきことは何でしょう?

回答:在籍確認で注意しなければならないことは、次の2点です。

1つ目は「ウソの申告(申込書への記入)をしないこと」

審査をクリアするためには収入が多く安定した会社であることが有利だ、と思っている申込者がいますが、ウソの申告をしても在籍確認の電話で簡単にバレますし、その時点で申込みはキャンセルしたものとして取り扱われます。ウソの申告は厳禁です。

2つ目は「在籍確認を怖がらないこと」

在籍確認は「はい、そうです!」といった返事をするだけの、わずか30秒から1分程度で終わる手続きです。
同僚や上司にバレることを心配する人も多いのですが、申込者への短い電話など、だれも注目していませんし気にとめてもいません。

質問02:在籍確認で職場の上司や同僚に借金のことがバレませんか?

回答:バレる可能性はほとんどありません。

在籍確認の電話ではカードローン会社名ではなく個人名(銀行は銀行名)でかかってきますし、「はい、そうです」と一度返事をするだけで終わる手続きです。

また、申込者が席を外していたり休日であったりしても、電話をかけた担当者の「それではまたあらためてお電話させていただきます」で在籍確認は完了します。

もし電話を受けた同僚などから「何の電話だった?」と聞かれたときは、堂々と「クレジットカードの在籍確認」とでも答えておけばまずバレませんよ!

質問03:職場にバレるリスクを抑える方法ってありますか?

回答:職場にバレるリスクとしては、職場への在籍確認の電話なので、カードローン会社から職場に電話が入らないよう対策をすれば大丈夫です。

具体的な方法の1つは、「電話ではなく書類による在籍確認をするカードローン」を選んで申し込むことです。

もう1つは、原則は電話での在籍確認であっても指定書類での在籍確認も認めてくれるカードローンに申し込み、担当者や窓口に指定書類での在籍確認への変更を相談することです。

カードローン会社では、申込者からの要望があれば、カードローンに関する相談にのってくれます。

在籍確認については、「電話を入れる時間」「担当者の性別」「電話する番号の指定」のほか、電話での在籍確認を書類での在籍確認に変更する相談にものってくれます。

すべての要望が無条件に受け入れられるわけではありませんが、確実にリスクは抑えられます。

質問04:勤務先への電話なしの在籍確認のカードローンを選んだ場合にデメリットがありますか?

回答:カードローン会社から求められる書類を取りそろえる手間が増えるくらいです。

申込者が提出しなければならない書類は源泉徴収票・確定申告書・給与明細書・社員証・社会保険証・運転免許証などで、カードローン会社よって異なります。

たとえば消費者金融のSMBCモビットは「社員証・社会保険証・給与明細書」、アコムは「社会保険証・給与明細書」、アイフルは「社会保険証・2か月分の給与明細書」、プロミスは「運転免許証・給与明細書」などとなっております。

質問05:在籍確認は携帯電話でも可能ですか?

回答:在籍確認での勤務先の電話としては、固定電話のみとなります。

携帯電話はそれがどこで使用されているのかを特定できないので、ウソの勤務先名や所在地を申告されても、カードローン会社にはウソであることがわかりません。
それでは在籍確認の目的が果たせません。

とはいえ、電話で在籍確認を受ける場合、携帯電話を使わざるを得ない次のようなケースがあります。

・固定電話がなく、携帯電話一本で仕事をしている場合
・勤務先の社員がいつも出払っていて、固定電話を取れない可能性が高い場合
・事務所がなく、社員全員が外で働いている場合
・短期でつぎつぎと派遣先がかわる場合

こうしたケースについては、カードローン会社によっては携帯電話を認めてくれる可能性があります。
固定電話がない勤務先に在籍している申込者は、「カードローンを組むことは難しい」と理解した上で、担当者や窓口に相談してみましょう。

質問06:中小消費者金融やソフト闇金なら在籍確認はないのでしょうか?

回答:中小消費者金融やソフト闇金であっても、在籍確認をしないでカードローンの利用を認めるようなことはありません。

「在籍確認をしない」といった宣伝をしているごく一部の中小消費者金融やヤミ金であっても、実際には申込者に指定書類の提出を求め、その書類で在籍確認をしています。

質問07:申込者が休日や離席している場合の在籍確認はどうなるの?

回答:在籍確認の電話がかかってきたときに、本人が電話に出られる・出られないといったことはそれほど問題にされません。

在籍確認の電話は「申込者の勤務先が存在する」「申込者本人が在籍している」ということが確認できればいいだけなので本人が休日や離席していて電話に出られなくても、電話を受けた人からそのことが確認できれば在籍確認は完了します。

質問08:勤務先が休業の場合、在籍確認はどうなるの?

回答:勤務先が休業の場合の在籍確認の取扱いは、カードローン会社によって次のように異なっています。

・日時を変更して休日明けに勤務先へ電話をかける。
・在籍確認がとれないと「申込みの取り下げ」とみなし、審査を終了させる。
・限度額を下げて融資を実行し、在籍確認が取れた時点で本来の限度額を融資する。
・指定書類の提出を条件に審査クリアとみなし、書類が提出された時点て融資を実行する。

「日時を変更して休日明けに勤務先へ電話をかける」という方法が一般的です。

質問09:会社が個人宛電話の取次ぎを拒否している場合はどうなるのでしょう?

回答:個人情報の取扱いに非常に慎重で個人宛電話の取次ぎを拒否している会社や組織の場合は、電話での在籍確認ができません。

取次ぎをしてくれないのはもちろんのこと、「在籍しているかどうか?」という質問に対してさえ、個人情報保護を理由に「お答えできません!」という回答をする会社や組織が増えています。
この場合、在籍確認ができない時点で審査が中止になる可能性が高いです。

こうした会社や組織に務めている申込者は、申込みの段階で担当者に相談して指定書類の提出による在籍確認への変更を相談しておきましょう。

質問10:派遣社員やアルバイトの場合、在籍確認の電話はどこにかかってくるの?

回答:アルバイトの勤務先はそれほどかわるわけではないので、在籍確認はカードローン申込時点での勤務先への電話で行われます。

派遣社員の場合は契約先と勤務先が異なっているので、原則として「派遣元会社名」と「電話番号」を記入します。

派遣元に電話がかかってきても、電話に出た人が申込者のことを知らなかったら在籍確認できないのではないですか?

派遣会社にお勤めの場合はカードローン会社のなかには、派遣元の会社が実際に存在していることさえ確認できれば、あとは給与明細や保険証などの提出を求めて本人確認とするケースがありますよ。

また、申込みの際に担当者に相談すれば、「派遣先への電話での在籍確認」を認めるケースもあります。
いずれにしても、派遣社員の在籍確認の電話についてはカードローン会社によって取扱いが異なるので、事前に担当者に相談しておきましょうね!

この記事のまとめ

「在籍確認なしのカードローン!職場への電話連絡なしで審査に通る方法」の記事内容をまとめると、次のとおりです。

●そもそも、在籍確認とは?
・在籍確認とは、申込者の勤務先へ本人が本当に勤めているかどうかを、各カードローン会社が確認する手続き
・在籍確認の本来の目的は本人確認、会社確認、在籍確認、申告内容確認の4つ
・在籍確認の必要性は。ウソを記入する申込者の排除と消費者金融の場合は『貸金業法』の定めを守るため。
・在籍確認には、カードローン会社にとっても申込者にとってもメリットやデメリットがある。

●在籍確認が行われる「流れ」と「聞かれる内容」を知っておこう!
・在籍確認の流れは、一般的には6つのステップで構成されている。
・在籍確認で聞かれる内容は「はい、そうです」と答えるだけのもので、30秒程度で終わる。

●「在籍確認なし」のカードローンとは?
・「在籍確認なし」とは「在籍確認をしない」ではなく、「勤務先への電話での在籍確認をしない」ということ
・在籍確認は、「勤務先への電話」と「指定書類の提出」の2種類の方式がある。
・勤務先への電話での在籍確認を避ける方法は、指定書類での在籍確認も認めるカードローンに申し込むこと

●銀行・大手消費者金融の在籍確認の運用基準
・記事中掲載の一覧表やホームページだけに頼らず、各カードローン会社の相談窓口で確かめることが必要

●在籍確認についてよくある質問
・在籍確認に関する疑問や要望は、申込み直後に担当者や窓口に最新情報を確認することが必要

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選

この記事を読んだ方におすすめ!
在籍確認なし カードローン

SMBCモビットのカードローン

SMBCモビット公式サイト
おすすめな理由
  • 来店不要で即日融資、最短30分審査
  • 契約後最短3分で振込融資、全国ATMも利用可能
  • 三井住友、三菱UFJ、ゆうちょ口座所持で完全Web完結
  • web完結申込で電話・郵送一切なし!

(※)web申込み後すぐのフリーダイヤルで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、代替書類必須で電話なしの可否は審査次第。

限度額 金利 審査時間
800万円 3.0%~18.0% 最短30分
即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選

目的別にカードローンを比較