先生 うさたん
先生 うさたん

メディカルローンって何? 審査やメリット・デメリットも詳細に解説!

公開日:

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

医療機関(病院やクリニックなど)へ来院する際、医療費がいくらになるのか気になりませんか? 健康保険が使えない診療によっては全額支払いが必要です。

経済的に余裕のないときに現金一括払いでは厳しいことがあります。そんな高額な医療費を支払いするときに便利なのがメディカルローンです。

【メディカルローンの主な特徴】

  • 医療費の支払いに利用できる
  • 手数料の負担を抑えやすい
  • 金融機関や医療機関で申し込みできる
  • 利用するには審査通過が必要

今回はメディカルローンについて、さらに詳しく解説していきます。メリット・デメリットを知りたい方、審査が厳しいかどうか知りたい方もご参考ください。

メディカルローンって何?

メディカルローンはいったいどんな金融商品なのでしょうか? 簡単に説明すると、医療費を借りられる金融商品です。

メディカル(medical)には「医療の」、ローン(loan)には「貸付け」といった意味があります。そのため、医療ローンとも呼ばれます。医療費専用となる関係上、ほかの目的では借りられないと考えてください。

メディカルローンを組めるもの

メディカルローンでは、保険が使えない高額な診療が対象になります。

【対象となる主な診療】

診療の種類 主な特徴
美容整形 二重まぶたにする手術・鼻を高くする手術など
インプラント 人工歯根と人工歯を取り付ける歯科治療
矯正歯科 歯並びや咬み合わせの悪さを矯正する歯科治療
審美歯科 セラミックなどで歯の見た目を美しくする歯科治療
医療脱毛 医療用レーザーでムダ毛を脱毛
レーシック レーザー照射などで視力を矯正する手術
AGA治療 男性型脱毛症の治療

主に美容目的の診療で組めるメディカルローンが一般的です。ほかにも入院費用や人間ドックの費用でもメディカルローンを組めることがあります。

メディカルローンの仕組み

メディカルローンの申し込み窓口となるのが「金融機関」と「医療機関」です。2つの窓口のうち、医療機関のほうが手間がかかりません。それは医療機関でカウンセリングを受ける際にメディカルローンへ申し込みできるからです。

医療機関が支払い方法の一つとして用意するのがメディカルローンです。しかし、医療機関が直接お金を貸しているのではありません。提携先の金融機関(銀行やクレジット会社、信販会社など)がお金を貸す仕組みになっています。

ジャックスのメディカルクレジットの例で仕組みを説明していきましょう。

【メディカルクレジットに関わる3者】

患者さん(ローンの利用者)

加盟店(医療機関)

ジャックス(ローンの提供会社)

患者さんは医療機関にローンの申し込みを行います。申し込み後、ジャックスが医療費の立て替え払いを行います。

患者さんは立て替え払いしたジャックスに分割で支払いするという仕組みです。クレジットカードの会員、加盟店、カード会社と似たような仕組みになっています。

メディカルローンのメリット

メディカルローンは患者さんにとってメリットのある金融商品となっています。

【メディカルローンにあるメリット】

  • 高額な医療費を支払いしやすくなる
  • 手数料の負担を抑えやすい
  • 手元にある現金が少なくても診療が受けられる

高額な医療費を支払いしやすくなる

メディカルローンでは分割払いやボーナス払いなどの支払い方法を用意しています。分割払いやボーナス払いは、現金一括払いより支払いしやすいです。

【支払い方法の特徴】

支払い方法 主な特徴
分割払い 回数を指定して毎月支払いする(3回~60回が目安)
ボーナス併用払い 毎月の支払いとボーナス時期の支払いを併用する

単純計算で12万円の医療費を12回で分割払いすると毎月1万円の支払いとなります。医療費の支払いを先に延ばせる分だけ楽になるのが、メディカルローンのメリットです。ボーナスをもらっている方は、ボーナス併用払いを利用するとさらに支払いしやすくなります。

手数料の負担を抑えやすい

メディカルローンでは、比較的低めの金利を設定しています。そのため、手数料の負担を抑えやすい金融商品です。

【メディカルローンの金利】

提供会社 金利
UCSカード 年9.8%/11.8%
千葉銀行 年5.0%~5.2%
セディナ(先進医療費) 年3.9%~5.9%
トマト銀行(先進医療費) 年2.9%

消費者金融系カードローンだとメディカルローンより高めの金利です。

【消費者金融系カードローンの金利】

提供会社 金利
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

手元にある現金が少なくても診療が受けられる

メディカルローンは経済的に余裕がないときにも便利な金融商品です。
手元にある現金が少ないときでも、診療をあきらめる必要はありません。クレジットカードを持っていない方にも便利な支払い方法となっています。

メディカルローンのデメリット

ただし、メディカルローンのデメリットには注意しないといけません。どんなデメリットなのか理解してから申し込みすると良いでしょう。

【メディカルローンにあるデメリット】

  • 提携メディカルローンは選択肢が限られることがある
  • 分割回数を増やすと手数料が上がることがある
  • 転院すると一括返済を求められることがある
  • 審査に落ちると利用できない
  • 審査に時間がかかることがある

提携メディカルローンは選択肢が限られることがある

医療機関で申し込みできるのは、取扱いの提携メディカルローンのみです。そのため、選択肢が限られることがあります。

どんな提携メディカルローンを用意しているのか、医療機関へ来院する前に質問してください。資料を取り寄せると、どんな金融商品なのか分かりやすくなります。

資料を見た結果、気に入らない場合はメディカルローンを取扱いする金融機関を探して直接申し込みすると良いでしょう。

分割回数を増やすと手数料が上がることがある

メディカルローンへ返済する際、分割回数を必要以上に増やさないでください。それは金利が上がり、手数料の負担が増えることがあるからです。
美容皮膚科シロノクリニックで扱っているメディカルローンを例に説明してみましょう。

【回数ごとの金利】

回数 金利
3回 1.50%
6回 2.64%
10回 4.17%
12回 4.94%
15回 6.10%
18回 7.28%
20回 8.06%
24回 9.64%
30回 12.04%
36回 14.48%
42回 16.95%
48回 19.45%
54回 21.98%
60回 24.55%

分割の回数が増えるごとに金利手数料が上がっていきます。しかし、回数12回以下なら充分低金利と言える水準です。そのため、メディカルローンで分割払いする際はなるべく少ない回数を選ぶと良いでしょう。

UCSカードのメディカルローンのように、年9.8%/11.8%の金利を設定する場合もあります。回数によって大幅に手数料が変わる心配がありません。

メディカルローンによって手数料の仕組みが異なるため、気になる方は申し込み窓口で相談してください。

転院すると一括返済を求められることがある

メディカルローンを組んだ後に注意したいのが転院です。転院するとメディカルローン残高の一括返済が求められることがあります。

メディカルローンを完済済みであれば問題ありません。しかし、10万円の残高があるときに一括返済を求められた場合、10万円用意しないといけません。そのため、転院するときは本当に必要なのかよく考えてください。

審査に落ちると利用できない

メディカルローンを組む前に注意したいのが審査です。メディカルローンの審査に落ちてしまったときは、医療費とはいえ借りられません。

提携メディカルローンの場合、審査を行うのは提携先の金融機関(銀行やクレジット会社、信販会社など)です。

審査に時間がかかることがある

メディカルローンによっては、審査に時間がかかることがあります。たとえば、中国銀行の医療向けローンだと申し込みから借入れまで1週間ほどの日数が目安です。

必要書類が多いことも、審査に時間がかかる理由の一つとなっています。

【主な必要書類】

書類の種類 内訳
本人確認書類 運転免許証・パスポートなど
収入確認書類 源泉徴収票・所得証明書など
資金使途確認書類 パンフレット・見積書など

ほかにも普通預金通帳と届印の提出が求められることがあります。医療機関が申し込み窓口となる提携メディカルローンなら審査が比較的早めです。
医療機関でカウンセリングを受ける際、必要書類を持参のうえでローンへ申し込みすると良いでしょう。

メディカルローンの審査は厳しい?

メディカルローンの審査はそれほど厳しくありません。なぜかと言うと、申し込み条件がそれほど厳しくないからです。たとえば、 UCSカードのメディカルローンでは以下の申し込み条件を設けています。

【主な申し込み条件】

  • 年齢20歳以上~完済時70歳未満の方
  • 安定収入のある方(学生は除く)

アルバイト・パートの方でも収入が安定していれば申し込みできます。ただし、銀行の先進医療ローンは比較的審査が厳しいです。たとえば、トマト銀行の先進医療ローンでは以下の申し込み条件を設けています。

【主な申し込み条件】

  • 年齢20歳以上~65歳以下の方(完済時年齢は70歳以下)
  • 安定した収入、かつ前年度税込年収200万円以上の方

UCSカードのメディカルローンには具体的な年収の申し込み条件は見られません。しかし、トマト銀行の先進医療ローンには「年収200万円以上」の申し込み条件があります。

未成年でも申し込みできる?

ローンへの申し込みは年齢20歳以上からが基本です。しかし、医療機関の提携メディカルローンの場合、未成年でも申し込みできることがあります。

ただし、未成年本人の名前でローンを組めません。そのため、保護者の名前でローンを組む、保護者に保証人になってもらう形になります。未成年の場合は保護者と一緒に医療機関へ来院し、カウンセリング時に相談すると良いでしょう。

審査の流れ

メディカルローンへ申し込みした後に審査がはじまります。審査の大まかな流れを以下に紹介しておきましょう。

【審査の流れ】

1.申込書の内容をもとにした審査を開始

2.本人への電話確認

3.個人信用情報の確認

4.勤務先への在籍確認

5.審査結果の連絡

メディカルローンとの契約が完了次第、医療費が借りられます。

審査に落ちやすい人の特徴

申し込みに不備がないのに、人によっては審査に落ちることがあります。特に注意したいのが、以下に当てはまる人です。

【審査に落ちやすい人】

  • 他社借入れ額と借入件数が多い人
  • ローンで延滞した人
  • 債務整理した人

他社借入れ額と借入件数が多い人

メディカルローンの審査では、他社借入れ額と借入件数を確認しています。借入れ額ゼロ・借入件数ゼロの人なら問題ありません。

しかし、借入れ額と借入件数が多い人は審査に落ちることがあります。審査に落ちると余計な手間と時間をかけてしまうため、他社への返済を進ませてから医療機関へ来院したほうが良いでしょう。

ローンで延滞した人

ローンで延滞すると個人信用情報にキズが付きます。先ほど解説した審査の流れのなかに「個人信用情報の確認」がありますよね? 確認した際、個人信用情報にキズがあると審査に落ちることがあります。

ローンの延滞情報といったキズは5年ほど残り続けます。延滞したのが5年以上前であり、キズが消えている人なら審査通過が期待できるでしょう。

債務整理した人

最も注意したいのが、過去に債務整理(任意整理、個人再生、自己破産など)した人です。債務整理したときにも個人信用情報にキズが付きます。

任意整理の場合は5年ほどでキズが消えるものの、自己破産では最長10年もかかります。自己破産すると当分の間、ローンを組むのが難しいです。

審査に落ちてすぐに申込しない

審査に落ちたからといって、すぐに再申し込みしないでください。それは、審査落ちの情報が個人信用情報に残っているからです。

指定信用情報機関CICには、申込情報と契約情報が登録されます。申込情報があるのに契約情報がない場合、審査に落ちた人だと分かるのです。

申込情報は6か月ほどで消えます。そのため、審査落ち後の再申し込みは6か月ほど控えたほうが良いでしょう。

メディカルローンの審査が不安ならその他の金融商品がおすすめ

急ぎの場合に限られるものの、医療費を借りるときはカードローンという選択肢もあります。メディカルローンと違い、借りたお金の使い方は自由です。医療費はもちろん、生活費やショッピング、旅費などの目的でも借りられます。

【カードローンの種類と主な特徴】

カードローンの種類 主な特徴
銀行系カードローン 金利が比較的低め・限度額が高め
消費者金融系カードローン 審査が早い・サービスが充実

銀行系、消費者金融系からおすすめカードローンを紹介します。メディカルローンの審査に不安がある方、今すぐ医療費が必要な方はご参考ください。

銀行系カードローン

三井住友カードローンは大手都市銀行が提供する金融商品です。

【三井住友カードローンの主な商品内容】

銀行系カードローンのなかでも比較的審査スピードが早いです。毎月2,000円から返済できるため、余裕を持った返済プランが立てられます。

カードローン

プロミスはSMBCグループの大手消費者金融です。プロミスではフリーキャッシングを提供しています。

【プロミスフリーキャッシングの主な商品内容】

大手消費者金融(最大年18%の金利が標準)のなかでも比較的金利が低くなっています。0.2%の差でも医療費の支払いに困っているときはありがたいものです。

また、プロミスの審査は最短30分、銀行系カードローンと比べると早くなっています。借入れまでの目安は最短1時間です。

この記事のまとめ

メディカルローンの特徴や仕組み、審査などの解説は参考になりましたか?

【メディカルローンまとめ】

  • 高額な医療費の支払いに便利
  • 医療機関でカウンセリングを受けるときに申し込みできる
  • カードローンより金利が低め
  • クレジットや信販会社の提携メディカルローンならそれほど審査が厳しくない

ただし、メディカルローンの審査に落ちてしまうと医療費が借りられません。銀行から申し込みすると審査に時間がかかることが多いです。

審査に不安がある方や急ぎの方は、その他の金融商品もご検討ください。カードローンのなかでも消費者金融系なら最短1時間で借入れできることがあります。

参考:ちばぎん医療ローン

参考:メディカルローン

参考:医療向けローン

参考:トマト先進医療ローン

参考:先進医療費クレジット

参考:美容皮膚科シロノクリニック

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

この記事を読んだ方におすすめ!
金利で選ぶなら カードローン

プロミスのカードローン

プロミス公式サイト
おすすめな理由
  • 完全Web完結、郵送なしで誰にもバレない
  • 審査最短30分、最短1時間の融資
  • カード不要!スマホアプリで借入れOK
  • とにかく使い勝手が良い!

審査時間最短30分と早く、即日融資も可能。金利は4.5%~17.8% でご利用限度額は最大500万円 。初回の借り入れでは、30日間何度利用しても無利息!(※)申し込み条件は20歳~69歳。web完結・郵送物なし・カードレスでの振込なので、家族や職場にバレにくい。
(※)メールアドレス登録とWeb明細の利用登録必須

※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、電話なしの可否は審査次第。
SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

限度額 金利 審査時間
500万円 4.5%~17.8% 最短30分
※申込曜日・時間により翌日以降の取扱いとなります
即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

目的別にカードローンを比較