先生 うさたん
先生 うさたん

カードローンは就職内定者でも利用できるの? 内定取り消しが気になる学生も注目!

丸わかりカードローン

/公開日:2020年10月8日

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする

内定は「企業側の採用する意志」+「求職者側の入社する意思」をもって成立します。就活中の学生は、企業から内定通知をもらえると一安心することでしょう。

しかし、スーツ代や交通費など様々な費用がかかりませんか?内定後に一人暮らしを始める人は引越し代や家電、家具の購入費用がかかる場合もあります。

アルバイト代だけでは足りないときに便利なのがカードローンです。使途自由なカードローンが多いため、就活費用や内定後の費用などにも問題なく利用できます。

学生のうちにカードローンを申し込み、利用できますか? 今回はそんな疑問を持つ内定者のために、以下を重点的に解説していきます。

【解説ポイント】
・内定者でも利用できるのか
・内定者が申し込み時に気を付けたいこと
・返済時の利息を最小限にできるカードローンについて

カードローンの利用で内定が取り消されないか? 仕事が始まるまでのカードローン返済はどうしたらいい? そんな疑問を持つ就職内定者もご参考にしてください。

内定者でもカードローンを利用できる

結論から言うと、内定者でも問題なくカードローンを利用できます。まだ学生だからといってカードローンへの申し込みを諦めることはありません。

学生のアルバイト収入でも利用可能

収入は少ないより多いほうがカードローンの審査に通過しやすいです。しかし、学業メインの学生だと短時間アルバイトが多くなることでしょう。アルバイト収入は働く時間が短いほど少なくなります。

短時間アルバイトの方がいくらの収入を得ているのか、調べてみました。20~24歳の短時間労働者の時給は1,074円という調査結果が出ています。

参考:厚生労働省 賃金構造基本統計調査(令和元年)

【時給1,074円の短時間アルバイトの収入】

働く期間 収入
1日 4,296円
1か月 64,440円
1年 773,280円

※1日4時間・1か月15日勤務の場合

年収77万円ほど得られる結果です。一方、20~24歳の平均年収は267万円という調査結果が出ています。

参考:民間給与実態統計調査(平成30年)

平均と比べると短時間アルバイトの収入は大幅に低い状況です。しかし、年収100万円以下のアルバイトでも年齢20歳以上であればカードローンを利用できることがあります。

収入額より安定性を重視

実を言うと、カードローンの審査では収入額より安定性を重視しています。なぜ安定性を重視するのか、それは返済を継続しやすいからです。カードローンから借入した後、毎月いくら返済していくのかシミュレーションしてみましょう。

【シミュレーション条件】

借入額 10万円
金利 18.0%
毎月の返済額 4,000円

【シミュレーション結果】

返済回数 32回
返済総額 126,260円
うち利息 26,260円

※アコム公式サイトの返済シミュレーションより

毎月4,000円の返済を続けると32回で完済できる結果です。カードローンによっては、毎月2,000円~でも返済できます。毎月2,000円~なら収入の少ないアルバイト学生でも返済を継続しやすいです。

多くのカードローンで毎月少額から返済できるのです。

しかし、収入が不安定になると毎月の返済が困難になる恐れがあります。毎月少額から返済できるカードローンであっても、数か月収入ゼロの状況が続くと厳しいですよね。そのため、収入額より安定性を重視していると考えられます。

収入は勤続年数が長いほど安定しやすいです。そのため、現在のアルバイト先で1年以上の勤続年数がある方は審査が有利になるでしょう。

就職後の増額も可能

アルバイト学生の場合、カードローンの限度額は10万円が目安です。限度額を超える借入はできません。しかし、就職後に限度額の増額が可能です。

増額してもらうには再審査を通過しないといけません。しかし、就職後であれば増額時の再審査に有利です。理由は、アルバイトよりも収入額が上がるうえに、安定性も増すからです。

10万円の限度額では足りないという場合は、インターネットや電話などで増額申請するとよいでしょう。

ただし、契約後すぐに増額の申請をしても再審査の通過は厳しいようです。最低でも半年ほど経ってから増額申請をしてください。収入や他社借入額、カードローンの利用実績などの条件が整えば、より再審査に通過しやすくなります。

カードローンの利用で内定取り消しの可能性はある?

カードローンの利用がバレて内定を取り消されるといった心配は少ないです。それは、以下の2つの理由があるからです。

【内定取り消しの心配が少ない理由】

  • 内定先の会社に連絡はいかない
  • 信用情報まで確認するケースは少ない

内定先の会社に連絡はいかない

カードローンへ申し込みすると、以下のタイミングで電話が入ります。

【電話が入るタイミング】

タイミング 主な連絡先
申し込み内容確認 携帯・自宅・アルバイト先
審査結果 携帯・自宅・アルバイト先
在籍確認 アルバイト先

申し込み内容確認と審査結果は、携帯または自宅を希望すればアルバイト先に電話は入りません。
在籍確認の電話はアルバイト先のみとなります。しかし、カードローンによっては電話から書類での在籍確認に切り替えてもらえます。書類ならアルバイト先にも電話は入りません。

信用情報を確認するケースは少ない

カードローンを利用すると、信用情報に利用履歴が残ります。しかし、信用情報の履歴が内定先の会社にバレるといった心配は少ないです。

信用情報機関JICCでは、個人情報の使用について以下の記載があります。

「返済又は支払能力を調査する目的のみに使用します」

引用元: JICC公式サイト 同意の取得

採用目的で信用情報の確認はできません。カードローン会社では審査時に申し込み者の信用情報を確認します。しかし、カードローン会社であっても申し込み者の同意が必要です。

同意なしでは信用情報を確認できないルールになっています。カードローン申し込みの場合、内定者が知らないうちに信用情報を確認されるといった心配はありません。

就職内定者が申込みをする際に気を付けること

内定者がカードローンへ申し込みするときは、以下に気を付けてください。

【内定者が気を付けること】

  • 学生OKのカードローンに申し込みすること
  • 申し込み時の勤務先記入欄に内定先は書かないこと
  • 内定の事実を電話で伝えること
  • 信用情報にネガティブ情報が登録されていないこと

学生OKのカードローンを申し込む

カードローンによっては「学生不可」の申し込み条件を付けています。学生不可のカードローンに申し込みしても、審査通過は不可能と考えてください。

そのため、内定者は学生OKのカードローンへ申し込みましょう。アルバイト学生の場合は「アルバイト・パートOK」「学生OK」のカードローンに注目です。

申し込み時の勤務先記入欄

カードローンの申し込みフォームには勤務先記入欄があります。アルバイト収入がある場合は、勤務先記入欄に内定先の会社名は書かないでおきましょう。なぜかと言うと、内定先の会社に在籍確認される可能性があるからです。

電話をかけて本当に勤務しているのか確認するのが在籍確認です。
内定先の会社を勤務先記入欄に書くと、在籍確認時にバレる可能性が出てきます。現在勤務しているアルバイト先を記入しましょう。

アルバイト先のみ記入しておけば、在籍確認の電話はそのアルバイト先にかかってきます。内定先の会社ではありませんので安心です。アルバイト先に電話が入ると困る場合は、前述した書類での在籍確認に切り替えてもらうとよいでしょう。

内定の事実を電話で伝える

「一般の学生」と「内定をもらっている学生」を比べた場合、後者のほうがカードローンの審査が有利になることがあります。特に有利になりやすいのが、上場企業や公務員の内定者です。

就職後に会社が倒産してしまうと収入が途絶えてしまい、カードローンの返済が困難になる恐れがあります。しかし、上場企業なら倒産のリスクは低いです。公務員は倒産リスクがないため、安定職業となっています。

なるべく審査を有利にするため、申し込み内容確認の電話が入ったときに内定の事実を伝えるとよいでしょう。内定先の企業に在籍確認されると困る場合は、その旨をあわせて伝えてください。

ただし、従業員の少ない小規模企業や小規模店舗の場合は、上場企業や公務員より審査が不利になることがあります。

信用情報にネガティブ情報が登録されていないこと

信用情報にはブラックリストというネガティブ情報も登録されます。

【ブラックリストが登録される主な例】

61日以上、3か月以上の延滞

カードの強制解約

代位弁済(保証会社・保証人が利用者の代わりに返済)

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産などの手続き)

ブラックリストに登録されても内定取り消しの心配は少ないです。前述したように、採用目的で信用情報の確認は行えません。ブラックリストであってもそれは同じです。

ただし、ブラックリストの登録がある間はカードローンの審査に落ちる可能性が高いです。しかし、ブラックリストは永久に登録されたままではありません。

61日以上、3か月以上の延滞なら5年ほどで削除されます。ブラックリストに心当たりがある場合、削除されるまでカードローンへの申し込みはやめたほうが無難です。

ちなみに本人の信用情報であれば、信用情報機関にて開示請求できます。削除されたかどうか知りたいときは、開示請求してください。信用情報機関JICCでは、スマホ・郵送・窓口より開示請求が行えます。スマホなら郵送する手間や、窓口へ出かける手間はありません。

返済時の利息を最小限にしよう

仕事が始まるまでのカードローン返済をなるべく楽にしたいときに便利なのが、利息を最小限に抑えられるカードローンです。

内定をもらった後は、その企業への出入りなどでアルバイトをする時間が少なくなりがちです。収入が減るとその分だけ返済の余力が少なくなります。

毎月少額から返済できるとはいえ、なるべく利息を最小限に抑えられるカードローンへ申し込んだほうがよいでしょう。

消費者金融と銀行ではどちらが低金利なの?

消費者金融カードローンは「最大年18.0%~20.0%」、銀行カードローンは「最大年14%」ほどの金利が一般的な相場です。銀行のほうが低金利のため、消費者金融より利息を抑えやすくなっています。

しかし、銀行の審査基準は厳しい傾向にあります。収入が少ない短時間アルバイトの場合、審査に落ちる可能性があります。そのため、審査が気になるアルバイト学生は消費者金融へ申し込んだほうがよいでしょう。

無利息期間があるカードローンを選ぼう

消費者金融カードローンの利息を抑えたいときに便利なのが、30日間の無利息サービスです。無利息期間中に完済すれば、元金を返済するだけで済みます。

たとえば、3月1日に10万円を借りたとします。その場合は3月中に10万円完済すれば利息ゼロ、元金のみです。

無利息期間をすぎると元の利息に戻ります。通常より大幅に利息の負担が増すといったリスクはありません。

ただし、どのカードローンでも無利息サービスを提供しているわけではありません。そのため、申し込みする前に無利息サービスがあるかどうかを確認してください。

プロミス

プロミスはアルバイト・パートOK、学生OKの大手消費者金融です。プロミスでは以下の内容の無利息サービスを提供しています。

【30日間の無利息サービスの内容】

無利息期間のスタート 初回出金の翌日
条件 メールアドレスの登録+Web明細の利用

他社は「初回契約の翌日」から無利息期間がスタートする場合があります。契約から借入までの期間が空くほど、無利息期間が減っていきます。

そのため、急いで借入する予定のない方は注意しないといけません。しかし、初回出金の翌日から無利息期間がスタートするプロミスならいつ借入しても30日間無利息です。

また、プロミスの最低返済額は1,000円となっています。(借入残高1万円~2万円の場合) 消費者金融の中でも低めの最低返済額です。そのため、アルバイトで働ける時間が少なくなっても返済しやすいでしょう。

利息を最小限にしたいならプロミス

プロミスではポイントサービスも提供しています。

【ポイントサービスの内容】

貯めたポイントの使い道 必要ポイント数
提携ATM手数料無料 40ポイント
無利息サービス 250ポイント(7日間)/400ポイント(15日間)/700ポイント(30日間)

無利息サービスへ交換するには、一定以上のポイントを貯めないといけません。しかし、ポイントサービス登録で100ポイント+収入証明書類の提出で160ポイント、合計260ポイント貯まります。

つまり、7日間の無利息サービスに交換できるわけです。利息を最小限にしたいアルバイト学生は、30日間の無利息サービスとポイントサービスを提供するプロミスに注目です。

この記事のまとめ

内定者がカードローンへ申し込む際に、重要なポイントを以下にまとめました。

【重要なポイントまとめ】
・アルバイトによる安定収入が必要
・年齢は20歳以上から
・内定先の企業にバレるリスクは少ない
・内定取り消しの心配も少ない
・学生OKのカードローンへ申し込みすること
・勤務先記入欄は現在のアルバイト先を書くこと
・内定を電話で伝えると審査が有利になることがある

フルタイムで働けない学生であっても、収入が安定していれば審査通過が期待できるでしょう。毎月少額から返済できるカードローンが多いため、少ない年収でも返済しやすいです。

消費者金融の利息が気になるときは、30日間の無利息サービスを上手に活用しましょう。今回紹介したプロミスなら、ポイントサービスを利用することでさらに無利息期間を延ばすこともできるため学生が利用しやすいカードローンと言えます。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu
  • LINELINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

この記事を読んだ方におすすめ!
内定者も安心な カードローン

プロミスのカードローン

プロミス公式サイト
おすすめな理由
  • 完全Web完結、郵送なしで誰にもバレない
  • 審査最短30分、最短1時間の融資
  • カード不要!スマホアプリで借入れOK
  • とにかく使い勝手が良い!

審査時間最短30分と早く、即日融資も可能。金利は4.5%~17.8% でご利用限度額は最大500万円 。初回の借り入れでは、30日間何度利用しても無利息!(※)申し込み条件は20歳~69歳。web完結・郵送物なし・カードレスでの振込なので、家族や職場にバレにくい。
(※)メールアドレス登録とWeb明細の利用登録必須

※1:web申込み後すぐのフリーコールで電話回避の相談ができる場合を含む。ただし、電話なしの可否は審査次第。
SMBCモビットの場合、WEB完結申込み(口座指定あり)で電話なし利用が可能。
※2:他社利用中でも審査可能ですが、お客様状況により利用できない場合あり。

限度額 金利 審査時間
500万円 4.5%~17.8% 最短30分
※申込曜日・時間により翌日以降の取扱いとなります
即日融資リミット
誰にもバレずに借りられるカードローン3選誰にもバレずに借りられるカードローン3選 【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!【突撃レポ】在籍確認は電話なしにできる?カードローン会社に聞いてみた!

目的別にカードローンを比較